Funk<Q-Z>Skyy(スカイ)

06/19/2015

turnfunk.jpeg


Skyy(スカイ)はレコード・プロデューサーでキーボード奏者のRandy MullerによってプロデュースされたFunkバンドである!

そのRandy Mullerは70年代に活躍したFunkグループで70年代半ばには「B.T. Express 」(前 Brooklyn Trucking Express)のアレンジャ―、そして、同じくNew York出身のファンクバンド「Brass Construction」のプロデューサー、そして核となるメンバーとしても活躍をみせた人物だ!

Skyyの オリジナルメンバーはDenise, Deloresと Bonnyをボーカルの核とし、Solomon RobertsとAnibal Anthony Sierra(ギター)、Larry Greenberg(キーボード)、Gerald Lebon(キーボード)、Tommy McConnell(ドラム)らで70年代後半にNew Yorkで構成された!

 1979年にセルフタイトルアルバム「Skyy」でSalsoul Recordsからデビューした!

 1980年にはセカンドアルバム「Skyyway」をリリースする!

 

1980  Skyway
Selsoul Record(New York,NY)

20070803235601.jpg


1981年にはアルバム「Skyyport」をリリース!

1982年のアルバム「Skyy Line」からはあの「Call Me」がヒット!・・・R&BチャートでTopの座を勝ち取り、Billboard Hot 100(Popチャート)では26位をマーク!

 

1982 Skyy Line

Selsoul Record/Manufactured By RCA Records(New York,NY)

skyy1982skyyline.jpg


1982年に立て続けにアルバム「Skyyjammer」をリリース!

 

1982  Skyyjammer
Selsoul Record/Manufactured By RCA Records(New York,NY)

20070803235631.jpg


1983 年には「Skyylight」、1984年のアルバム「Inner City」はSalsoulでのデビューから4年で最後のアルバムとなった!


その後、Capitolに移籍し1986年「 From the Left Side」をリリース!・・・


1989年のアルバム ★Start of a Romance★では快進撃を見せる!・・・アルバムからのシングル「Real Love」が1990年、R&Bチャート1位をマーク!・・・そしてタイトルトラックの「Start of a Romance」がR&Bチャート2週連続1位を勝ち取る!

1989 Start of a Romance

skyy1989startofromance001.jpg

 
1992年にはAtlantic Recordsからアルバム Nearer to You をリリース!

1992 Nearer to You 

skyy1992nearertoyou002.jpg 

2005年にDJのKenny DopeがRandy Mullerの名作をMIXした「Kenny Dope Presents Randy Muller's Best」はSkyy、B.T. Express、Brass Constructionファンにはたまらない1枚であろう!

 


残念ながらベスト盤のCDはリリースされているが、彼らの初期のオリジナルレコードのCD化は非常に少ないだけにVinayl(レコード)は貴重な財である!

[ Comment <2> ] [ Trackback <0> ] [ top↑ ]

Funk<E-G>George Clinton(ジョージ・クリントン)

06/03/2015

turnfunk.jpeg

George Clinton(ジョージ・クリントン)は1940年North Carolina州のKannapolisで産まれNew Jersey州のPlainfieldで育ち、現在ではFlorida州、Tallahasseeに拠点を置く!


さて、彼はPlainfieldの床屋で働きながらDoo Wopグループ(The Parliaments)を組み、60年代にはMotownのソングライターとなる・・・
The ParliamentsのリーダーであるClintonは、P-FUNKグループParliamentFunkadelicを展開し70年代に活躍するが、メンバーやレコード会社などとのトラブルなどを経て1981年にソロ活動を始める(ここまでの経歴はFunkadelicの記事に記載)!!

「Parliament(パーラメント)」名義の名は、レコード会社であるPolygramとCasablanca Records合併などの複雑な著作権と商標問題が生じたために使えなくなり、1982年に ClintonはCapitol Recordsと契約しソロとして、又「P.Funk All-Stars」として契約を結び「Computer Games」をリリースする!

!「Loopzilla」がR&Bチャート20位、シングル「Atomic Dog」はR&Bチャートで1位!!彼を象徴する名作となった!!

 

1982 Computer Games
Capitol Records

20070313225912.jpg


1983 Atomic Dog (12")
Uidisk

20070313230035.jpg


そしてたて続けにアルバムをリリース!!

1983年ソロセカンドアルバム「You Shouldn't-Nuf Bit Fish」でのファーストトラック「Nubian Nut」はR&Bチャート入り「Last Dance」もチャート入りを果たした!!

 

1983 Nubian Nut(12")
Capitol Records

20070313225615.jpg


1985年サードアルバム「Some of My Best Jokes Are Friends」ではシンセサイザーを駆使したアルバムに仕上げられている!

 

1985 Some of My Best Jokes Are Friends
Capitol Records

20070313225646.jpg


1986年「R&B Skeletons in the Closet」では「Do Fries Go With That Shake」がチャート入りする

 

1986 R&B Skeletons in the Closet
Capitol Records

20070313225718.jpg


1986年には「Mothership Connection (Live from Houston)」ライブアルバムをリリースしている!

勢いに乗ったClintonであったが、しかし著作権問題で財政難にみまわれてしまい、アルバムリリースにブレーキがかかってしまう!・・・

バンド Red Hot Chili Peppersのメンバー達がClintonの大ファンである事からプロデューサーとしてのオファーを受けたClintonは彼らのアルバム「Freaky Styley」をプロデュースし、後のアルバム売上は50万枚にも上ったようだ!

1989年、「The Cinderella Theory」を Prince's record からリリース、アルバムからは「 Hey Man, Smell My Finger」や「Why Sould I Dog U Out?」がシングルリリースされた!

 

1989   The Cinderella Theory

Worner Bros./Paisley Park Records

20070313225748.jpg


1989 Why Sould I Dog U Out?(12")
WEA Records(Made In UK)
20070313225806.jpg

1990年代に入ると Clintonは幾つかの映画 「プリンス/グラフィティ・ブリッジ 特別版」、「Pcu」、 「Good Burger (Slip)」等に出演している!!

時を経て1996年、SONY/550MUSICと契約し、 T.A.P.O.A.F.O.M. (The Awesome Power of a Fully Operational Mothership)(The Awesome Power Of A Fully Operational Mothership)をリリース!・・・ ParliamentやFunkadelicの元メンバーも参加したP-FUNKファン待望のアルバムとなる!!

1998年、George Clinton and the P-Funk All Starsとしては「Dope Dogs」、2005年には2枚組みでPrince(プリンス)やBobby Womack(ボビー・ウーマック)も参加したCD「How Late Do U Have 2 B B 4 U R Absent?」をリリース!!

「The Prime Minister of Funk」や「The King of Interplanetary Funk」と呼ばれたP-FUNK界の帝王はいつまでも健在であってほしい!!

公式ホームページ: http://www.georgeclinton.com/

[ Comment <2> ] [ Trackback <0> ] [ top↑ ]

Soul/R&B<H-L>Luther Vandross(ルーサー・ヴァンドロス)

01/15/2014

turnsoul.jpeg


Luther Vandross(ルーサー・ヴァンドロス :本名Luther Ronzoni Vandross, Jr.)
New York Cityの Manhattan で1951年に生まれ、3歳でピアノを始め、音楽一家の中で育ち、姉はボーカルグループ「The Crests」で活躍し1960年代前半に「Sixteen Candles」がヒットしている!

Vandrossは父親を7歳の時に亡くし、13歳の時に Bronxに移った・・・
そしてDionne Warwickの「Anyone Who Had A Heart」を聞いた時から彼の運命が変る事となる!

高校に入ると「Shades of Jade」というボーカルグループを作り、 HarlemのApollo Theaterで披露!・・・彼のキャリアは1968年にアルバム「 Soul Christmas」にプロデューサーとして名がクレジットされ、1969年のQuincy Jonesのベストアルバムにボーカリストとして参加したのが始まりである!

彼はWestern Michigan大学で1年間過ごしたが、音楽を続ける事を決意し中退!・・・ そして1972年、Roberta FlackのアルバムにもVandrossの名がクレジットされた!
 Vandrossは1975年にBroadwayミュージカル「Everybody Rejoice」、1978年の映画「The Wiz: Original Soundtrack (1978 Film)」などでプロデューサーとしても関わり、David Bowieのアルバム「Young Americans」の「Fascination」やNo1ヒットの「Fame」のプロデュースにも参加し、1974のツアーにもバックボーカルとして参加!・・・Vandross は他にも「 Diana Ross」、「Roberta Flack」、「Carly Simon」、「Chaka Khan」、「Donna Summer」、「Bette Midler」 「Chic」、「Barbra Streisand」などのバックボーカルとしても活躍をする!!


そして彼は、グループ「Luther」を結成し、Cotillion Recordsからアルバム「Luther」を1976年にリリース!、シングル「It's Good for the Soul」で注目を受ける!続く1977「This Close to You」はヒットしなかった・・・グループはレーベルから解雇され訣別し、 Vandrossはレーベルが後の再販を防ぐ為、レコードの版権を買い取った!

TVやRadioコマーシャルで歌声を披露し、TVマンガのキャラクターの声優としても活躍(Zack of All Trades)!・・・1978年にはGregg Diamond プロデュースの「Bionic Boogie」のシングル「Hot Butterfly」にボーカルとして参加している!

POPダンスグループ「Change」のファーストアルバム「The Glow of Love」に参加!・・・ヒット曲「The Glow of Love」や「Searching」でリードボーカルとして歌声を披露する!
「The Glow of Love」はBillboardの Dance/Clubチャートで16週連続1位!・・・彼のとって大きな道が切り開かれる!

Change が最も成功した1981年のセカンドアルバム「Miracles」でのオファーは報酬額が折り合わず、James "Crabs" Robinsonが代わりにリードとなった為、Vandrossはバックボーカルとして数曲に参加!・・・ そして、「NYC Band」や 「Brooklyn Bronx & Queens Band」などにも参加!・・・ そして、遂にEpicからファーストアルバム1981年「Never Too Much」を発表する!

 アルバムは、ダブルプラチナムを獲得!・・・シングル「Never Too Much」はR&B チャート1位に輝く!
そして、ロバータ・フラックのバックバンドを勤めてた時からの友人であるべーシストのMarcus Millerとソングライターとして組むようになり、1982年のセカンドアルバム「Forever, For Always, For Love」をリリース!・・・一方、今までのようにバンドなどへのゲストボーカルは続ける!

 

1982  Forever, For Always, For Love
CBS/Manufactured By Epic Records(New York,NY)

20070529231658.jpg

 


Aretha Franklinのアルバム「 Jump to It 」や1983年の「Get It Right」などをプロデュースした事がきっかけとなり、Dionne WarwickのAristaレコードでのラストアルバム「How Many Times Can We Say Goodbye」をプロデュース!・・・歌を始めるきっかけとなったDionne Warwickとの夢の共演だった!!・・・そしてDionne Warwickとのデュエット曲「How Many Times Can We Say Goodbye」は1983年Vandrossのサードアルバム「Busy Body」にも収録されている!

1985年にはアルバム「The Night I Fell in Love」をリリース!

 

1985  The Night I Fell in Love
CBS/Manufactured By Epic Records(New York,NY)

20070529231736.jpg

 

1986年、アルバム「Give Me the Reason」をリリース! シングル「Stop to Love」、Gregory Hinesとのデュエット曲「There's Nothing Better Than Love」などが大ヒットし、R&Bチャートで1位をマークした!

1988年、アルバム「Any Love」をリリース!

 

1988  Any Love
CBS/Manufactured By Epic Records(New York,NY)

20070529231756.jpg

 


1989年 、初のベストアルバム「The Best of Luther Vandross: The Best of Love」に収録されたバラード曲「Here and Now」では初のBillboard Popチャートのトップ10入り!・・・そして、「Best Male R&B Vocal Performance」部門で1991年、初のGrammy賞を見事受賞した!!

 

1989  The Best of Luther Vandross: The Best of Love

1989luthervandrossthebestof001.jpg 

 

 

1991年アルバム「 Power of Love」からは2曲がTop10入りし、「Power of Love/Love Power」で、1992年に2度目となるBest Male R&B Vocal部門でGrammy賞を受賞!・・・同年、Best R&B Song部門でもグラミー賞を受賞する!!

 

1991 Power of Love 

1991luthervandrosspoweroflove001.jpg 

 

 

1992年、映画「Mo' Money: Original Motion Picture Soundtrack」の 「The Best Things in Life Are Free」で、Janet Jackson とデュエット!

1993年にはアルバム「Never Let Me Go」をリリース!

 

1993 Never Let Me Go

1993luthervandrossneverletmego001.jpg 

 

 

1994年には1981年の映画「Endless Love (1981 Film)」の主題歌でLionel RichieDiana Rossが歌い上げたヒット曲「Endless Love」を、Mariah Careyとのデュエットによりカバーし再びTop10入り!・・・1994年のアルバム「Songs」に収録された!

 

1994 Songs

1994luthervandrosssongs001.jpg 

 

 

1996年にアルバム「 Your Secret Love」をリリース!・・・1997年に「Your Secret Love」で3度目のBest Male R&B Vocal部門でのGrammy賞を受賞!・・・通算4度目のグラミー受賞となった!!

 

1996  Your Secret Love

1996luthervandrossyoursecretlove002.jpg 

1997年には2枚目のGreatest hits album「Greatest Hits 1981-1995」をリリース!・・・Epic Recordsから最後のリリース!

1998年「I Know」を Virgin Recordsからリリースした後にClive Davisの新らしいレーベル「J Records」と契約し、2001年にアルバム「Luther Vandross」をリリース!・・・「Take You Out」、 「Grown Thangs」、「I'd Rather」などのヒットが生まれる!

2003年 アルバム「Dance With My Father」をリリース !・・・このタイトルトラックは父と踊った幼い頃の記憶を歌にし、共同製作者のRichard Marxtheと共に 2004年にSong Of The Yearで Grammyを受賞・・・さらに4度目となる「Best Male R&B Vocal Performance部門でGrammy獲得!!・・・そして、Billboard album チャートで初の1位!!・・・Videoでは彼の父や家族と並んでいろいろな有名人が主演!・・・(Beyonce, Celine Dion, Stevie Wonder,Quincy Jones

 

2003年 Dance With My Father

 

2003luthervandrossdancewuthfather001.jpg 


そして、Vandrossの最後のレコーディングは「One Shining Moment」CBSのNCAA Men's Basketball Championshipのエンディングテーマソングでした!

彼はVandrossは高血圧、そして糖尿病にかかっていました・・・体重はこの時、過去最重量の300 pounds (136 kg)を超えていたようです!・・・父も糖尿病による合併症で彼が7歳の時に他界し、2人の姉妹と兄弟もこの世を去っている・・・2003年4月、 Vandross はマンハッタンの自宅で脳卒中の為、倒れました・・・


2004年「Song of the Year」部門でグラミーを獲得し、ビデオによる収録が会場に流れた・・・「Remember, Whenever I say goodbye it's never for long because I believe in the power of love (愛の力を信じれば、さよならは永遠ではない)」


そしてTVトークショー「The Oprah Winfrey Show」を最後に公共の場に姿を現す事はありませんでした・・・

同年2004年には数々のヒット曲のPVを収録したDVD From Luther With Love(★ルーサーから愛を込めて~ベスト・ビデオ集 [DVD] )が発売された!

偉大なるSOULアーティストのVandross はNew Jerseyの病院で2005年7月に54歳の生涯を閉じた・・・

  他界した翌年の2006年には彼のメジャーヒットに新曲2曲を追加したUltimate Luther Vandross をリリース!
 
2006 Ultimate Luther Vandross

luther2006001.jpg 

魂を込めたLutherのソウルは永遠に我々ファンの心の中に生き続けるでしょう・・・

オフィシャルサイト: http://www.luthervandross.com/site-f.html

[ Comment <4> ] [ Trackback <0> ] [ top↑ ]

Soul/R&B<P-T>Surface(サーフェイス)

01/16/2013

turnsoul.jpeg

Surface(サーフェイス)のシンガーBernard Jackson Jr.は故郷Connecticut州、Stamfordを離れ音楽の成功を求めていとこの住むNew Yorkへと移り音楽活動を始めた・・・

Bernard Jackson はRobert Fisherと「POTION」というグループで活動!・・・(地元StamfordのマイナーレーベルCAVCOから1982年にYou Can make it Girl、Now That I'm grown、Time is the only answer、You などの12”をリリースしている)

Potion.jpg


彼の名づけ親は、Jacksonに彼の甥でThe Isley Brothersの元ツアーギターリストDavid Townsend(Marvin Gayeの 1973年「Let's Get It on」のco-writerで知られる Ed Townsend の息子)を紹介し、JacksonはDavid Townsendと会う機会を得た!

David Townsend(Mandrillと活動経験がある)とDavid Conleyは70年代からグループ「Port Authority」という名のバンドで活動!・・・Jacksonが加わりトリオは曲作りを始める!
そして、Disco Jamの名門レーベルSalsoulからデビューシングル「Falling In Love」(Shep PettiboneによるRemix)をリリースしR&Bチャート84位入りをしたがアルバムがリリースされる事はなかった・・・


3人はソングライターとしてEMI Musicと契約し、Jermaine Jacksonの曲や、New Editionの「Let's Be Friends」(アルバム1985年のアルバム「All for Love」に収録)と Sister Sledgeの 「You're  Fine(1985年の「WHEN THE BOYS MEET THE GIRLS」に収録」を手がけた!

その後は Los Angelesに移り、グループ名「Surface」で新たなる出発を開始する!!


彼らの作った曲「Let's Try Again」がColumbia RecordsのLarkin Arnold に認められ、彼らはNatalie ColePeabo Brysonらの看板アーティストを持つColumbia(コロンビア)と契約!!・・・そして1986年、遂に彼らはファーストシングル「Let's Try Again」をリリースし、R&Bチャート80位をマークする!

そしてセルフタイトルのファーストアルバム「Surface」をリリース!・・・アルバムからのシングル「Happy」がR&Bシングルチャートで2位・・・そして「Lately」は同チャート8位をマークした!.


1987 Surface
CBS/Manufactured By Columbia Records(New York,NY)

20070809175305.jpg

 

1989年には彼らのセカンドアルバムとなる「2nd Wave」をリリース!・・・

アルバムからは「I Missed」がR&Bチャート3位!・・・ 「Closer Than Friends」ではグループ初となるR&Bチャートで2週連続1位に上り詰め、「Can We Spend Some Time」は同チャート5位・・・ 「You Are My Everything」も2週連読1位!・・・アルバムからの最大のヒットとなった「Shower Me With Your Love」は R&Bチャート1位に加えて何と、Billboard Hot 100(Popチャート)で5位をマークしGoldを獲得!!・・・そして、数多くのシングルヒットはアルバムをPlatinumへと導いた!!


Jacksonが1986年にソングライターの友人であるBrian Simpsonの為に書いた未発表曲で彼自身の最高傑作の「The First Time」を1990年のサードアルバム「3 Deep」のラインナップに加え、シングルはGoldを獲得!そして次第にグループでの最大のヒットとなり、R&Bチャート、Billboard Hot 100(Popチャート)共に2週連続トップの座を得た!

さらにシングル「All I Want Is You」はR&B チャートで8位をマークし、アルバムをGoldに導き、彼らはAmerican Music Awardsのステージに立つまでになった!・・・勢いは衰えず「Never Gonna Let You Down」のヒット、 そして「You're the One」R&Bチャート24位をマークする!


1991年には「The Best Surface: A Nice Time for Loving」がリリースされ、Bestヒットに加え新譜3作が加えられたが、アルバムからは「A Nice Time for Lovin'」だけが最後のチャート入りシングルとなり、Conley と Townsend は曲作りやプロダクション業に戻って行った・・・


1991 The Best Surface: A Nice Time for Loving

surface1991thebestofsurfaceanicetime4lovin001.jpg


1998年「Perfect 10 」にはベスト盤(Sony Special Products)

 1998年には7年ぶりとなるアルバム「Love Zone 」をリリース!・・・名曲のLiveが収録に加え新曲が加えられた!

 2000年にBernard Jacksonがセルフタイトルソロアルバム「Bernard Jackson」をリリース!

 2001年「The First Time: The Best of Surface

 2003年にはBernard Jacksonがソロアルバム「Remember」、「What's My Name」、クリスマスシングル「When It's Cold Outside, Christmas Time Is Here」 をリリース!

 そして2004年にSurfaceは再結成!!
しかしTownsendはの2005年10月、50年間の生涯に幕を閉じた・・・


翌月の2005年11月にはベスト盤の「Our World」がSony Special Productsからリリースされている・・・

そして彼らの名曲「Shower Me With Your Love」、「The First Time」は永遠にウエディングで流れる事ででしょう!

 

[ Comment <0> ] [ Trackback <0> ] [ top↑ ]

Funk<Q-Z>The S.O.S Band(ザ・エスオーエス・バンド)

01/05/2013


The S.O.S Band (ザ・エス・オー・エス・バンド)はGeorgia州、Atlantaで1977年にオリジナルメンバー Mary Davis(ボーカル)、Jason TC Bryant(キーボード)、Billy R. Ellis(サックス)、James Earl Jones III(ドラム)、らによりバンド名「Santa Monica(Sounds Of Santa Monica)」として結成された!!

彼らはAtlantaのナイトクラブ「Lamar's Regal Room」で活動・・・そして、彼らのマネージャーによりTabu RecordsのトップのClarence Avantにデモテープが送られ見事にTabuとの契約すとなる!


Tabuの社長AvantはグループにプロデューサーでソングラーターのSigidi Adullahを用意した・・・
キーボードのJason BryantによるとAtlanta出身のバンド名がCaliforniaの地名「Santa Monica」をバンド名にしたのは、Santa Monicaで行ったコンサートの思い出から由来しているらしい・・・

新たにメンバーWillie 'Sonny' Killebrew (サックス&フルート)、John Simpson Ill (ベース&キーボード) 、Bruno Speight (ギター)を加え、プロデューサーSigidi Adullahの提案によりバンド名を(Sounds Of Successのイニシャルを使った)The S.O.S Bandと改名する!

 

そしてAdullahプロデュース(co-wrote Harold Clayton)により1979年のシングル「Take Your Time (Do It Right)Part 1」をリリース!
1980年、春にはR&Bチャートで5週トップの座を守り、Popチャートでは3位をマーク!・・・200万枚を売上げPlatinumを獲得した!・・・

1980年、デビューアルバムとなるセルフタイトルアルバム「Sos」をリリースし80万枚を売上げアルバムはGoldを獲得!
3週間R&Bチャート2位、Popチャート12位をマークした!!
シングルは「Take Your Time (Do It Right)」でのPopチャート3位の大ヒットを筆頭に、「S.O.S (Dit Dit Dit Dat Dat Dit Dit」でR&Bチャート20位、「What's Wrong With Our Love Affair?」87位をマーク!

 輝かしいデビューを飾ったSOS Bandは世界を渡りツアーを行い、トランペット、パーカッション、ボーカルと多彩な才能を持つAbdul Ra'oof をメンバーに迎える!

1981年にはセカンドアルバム「Too」をリリースしR&B チャート30位をマーク・・・シングル「Do It Now」でR&Bチャート12位、 「You」は64位をマークした!

1882年のサードアルバム「SOS III」ではプロダクションチームJimmy Jam & Terry Lewisと組み、シングル「High Hopes」がR&Bチャート25位、「Have It Your Way」49位、「Groovin' (That's What We're Doin')」47位をマーク!
そしてアルバムは同年末にR&Bチャートで27位をマークする!
 
1983年の4枚目のアルバム「On the Rise 」でも引き続きJimmy Jam & Terry Lewisを起用し、「Just Be Good to Me」がR&Bチャート2位、バラード「Tell Me If You Still Care」がR&Bチャート5位、「For Your Love」34位をマーク!・・・アルバムはR&B チャート7位の座を得て、2度目のGoldを獲得した!


1983 On the Rise
CBS Records(New York,NY)

The S.O.S Band 1983-On The Rise

1984年のアルバム「Just the Way You Like It 」でもJimmy Jam & Terry Lewisを含む快進撃が続き、アルバムはR&Bチャート6位をマーク・・・シングル「Just the Way You Like It」はR&Bチャート6位、「No One's Gonna Love You」は15位、「Weekend Girl」40位をマーク!

1986年5枚目のアルバム「Sands of Time」もR&Bアルバムチャート4位、Popチャートでは44位をマークしGold を獲得!・・・シングル1986「Borrowed Love」R&Bチャート14位、「Even When You Sleep」34 位、「No Lies」43位、Alexander O'Nealが参加した「The Finest」ではR&Bチャート2位、そしてPopチャートで44位をマークする!

勢いに乗っていたがSOS Bandだったが、1987年にはボーカリスト Mary Davis がソロ活動の為にバンドを離れる・・・
そして1989年およそ3年ぶりのアルバムはEban Kelly and Jimi Randolphプロデュースによる「 Diamonds in the Raw 」をリリース・・・ リードボーカルはMary DavisからChandra Currellyに引き継がれR&Bアルバムチャート43位!
シングルでは「I'm Still Missing Your Love」がR&B チャート7位をマーク、「Secret Wish」は38位となる・・・


1989  Diamonds in the Raw

sosband1989diamondsintheraw001.jpg

1991年「One of Many Nights」はCurtis Williamsプロデュースで、アルバムからは「Somtimes I Wonder」 R&Bチャート12位のヒット曲を生んだが 彼らの最後のアルバムとなった・・・
 
1994年にはリードボーカリストの Mary Davis、Abdul Ra'oof、Jason Bryantと共にSOSを再結成!
人気黒人コメディアンSinbadの HBOコンサートに Rhino Recordsのアーティスト達と共に登場した!
そして1999年、往年のFUNKアーティストが共演する「United We Funk」がリリース!
SOS Bandの名がクレディットされた!
アルバムに参加したのは、Rick James, The UWF All Stars, The Dazz Band, The System, The SOS Band, Con Funk Shun,ZappRoger Troutman, Gap band, The Bar Kays など豪華な顔ぶれだ!!


そして2006年11月には東京のCotton Clubに登場した!
来日メンバーはボーカルMary Davisを筆頭に、Celia Georgie(ボーカル)、Frederick Thaxton(ボーカル、サックス)、Abdul Raoof(ボーカル、トランペット)、Allan Smith(キーボード)、Darryl Rouse(キーボード)、Reginald Ward(ギター)、Melvin Baldwin(ドラム)であった!

[ Comment <0> ] [ Trackback <0> ] [ top↑ ]
PROFILE

Thank you for visiting!

After9

After9

ウマソウル管理人 After9(アフター・ナイン) ★1964神奈川県産→18で上京→27で渡米→現在は東京都在 /趣味:飲み食い、音楽鑑賞:Black Music(Soul,R&B,Funk)、ドラム演奏、西洋アンティーク家具&雑貨収集、古いもの好きで愛車2台もクラシックな53歳の英国車と26歳のアメ車・・・

MAIN MENU

 


____________________________

<ブログ内 料理別検索>


 

<ブログ内キーワード検索>

 

LET'S EAT !

<ウマい!お取り寄せ>

北海道

 

紅ズワイガニ


北海道産 塩水ウニ


虎杖浜 たらこ


いくら極薄醤油漬け


宗谷産 ホタテ貝


厚岸 殻かき



____________________

東北

 

大間 本まぐろ


陸奥湾 活ほたて


三陸海宝漬(中村家)


気仙沼 ふかひれ姿煮


厚切り芯たん
(伊達の牛タン本舗)

____________________

北陸

 

永平寺ごま豆腐


とり野菜みそ(まつや)


小鯛のささ漬け

____________________

関東

 

宇都宮餃子会


水戸納豆(天狗納豆)


湘南 釜揚げしらす


佐島 活けタコ


天然三崎のまぐろ
(三崎港シー・ユニオン)


プティ・フール・サレ
(鎌倉レ・ザンジュ)


生しらす

____________________

中部

 

金目鯛味噌漬け


駿河湾 生桜えび


うなぎ蒲焼
(浜名湖 山吹)


ドイツソーセージ(腸詰屋)


ひつまぶし(しら河)


味噌煮込みうどん


元祖手羽先唐揚(風来坊)

____________________

近畿

 

丹波栗


平宗 柿の葉寿司


神戸牛


神戸ワインマスタード

____________________

四国

 

トロ鰹のたたき


手打ち讃岐うどん

____________________

中国

 

生ほたるいか


焼あなご


下関とらふぐ(関とら)


かにトロ丼

____________________

九州

 

水たき(博多華味鳥)


家庭用明太子
(味の明太子ふくや)


極上とうふ 佐嘉おぼろ
(佐嘉平川屋)


とらふぐ生茶漬け(ふく太郎)


長崎カステラ(松翁軒)


馬刺し(若丸)


宮崎 鶏の炭火焼


宮崎 パイン牛 ユッケ


鹿児島 さつま揚げ
(高浜蒲鉾)


紅はるか


沖縄そば
(サン食品)

____________________

 

自家製ユッケジャンスープ
(ソウル市場)


ポッサムキムチ
(コリアタウンキムチ亭)


万能の素
(ハンおばさん手作り)

____________________

 

台湾 小籠包
京鼎樓(ジンディンロウ)


台湾 腸詰

____________________

 

明蝦巻(耀盛號)


横浜中華街(聘珍樓)


焼売(同發)


叉焼

____________________

 

インドカレー(アジャンタ)

____________________

 

活オマールロブスター


カナディアン ローストビーフ

____________________

 

BLUE MOON
(ブルームーン)


Buffalo Wings
(バッファロー・ウィング)


USDA Ribeye Steak
(リブアイステーキ)


Baby Back Ribs
(ベイビーバックリブ)


NewYork cheesecake
(ニューヨーク・チーズケーキ)


NOBLE HANDCRAFTED
ノーブル ハンドクラフテッド

____________________

 

Chorizo(チョリソー)
(EL AMIGO/エル・アミーゴ)


CHOLULA Hot souce
(チョルーラ・ホットース)


プレミアムテキーラ
(クエルボ1800)

____________________

 

オーシャンビーフ


フレンチラムラック

____________________

 

スモークサーモン


マヌカハニー

____________________

 

ロティサリーチキン


アソーテッドペストリー


エスカルゴ ア・ラ・ブルギニヨン
(ブルゴーニュ産)


マグレ・カナール・セッシェ


フォアグラ・ド・オァ

____________________

 

パルミジャーノレッジャーノ
(ザネッティ社)


パルマ産プロシュット


カチャトーレDOP(レボーニ社)


アランチーニ

 

LET'S GROOVE !

 

<アメリカのRADIOを聴こう♪>

 

Los Angeles,CA
Old School Soul,R&B,Rado
102.3 Radio Free KJLH

 

Wilmington,NC
Classic Soul,R&B Radio
Jammin 99.9

 

Old School Soul,Funk Live
Zmix97
_________________________

<Get a Funky Music>

 

SOUL・R&B by Amazon

 

LET'S TAKE A TRIP !

 

トリップアドバイザー


一休.com


Hotels.com


JAL 日本航空
JAL 日本航空

海外WiFiレンタル
GLOBAL WiFi

 

LINK


After9が参加しているサイト↓


にほんブログ村 
ブログランキング・にほんブログ村へ


PINGOO!メモリーボード 
PINGOO!メモリーボードへ


4Travel(フォートラベル)


30min


Tripadviser(トリップアドバイザー)


tabelog(食べログ)


Google+

<ACCESS MAP>
Thank you for your visit!