Monument Valley, UTモニュメントの絶景でバーガー!(The View Restaurant)

10/11/2015
 Navajo(ナバホ族)の聖地Monument Valleyの荒れたオフロードを走破したあとは中心地のビジターセンターでランチタイム!
みやげ物屋やミュージアムのあるビジターセンターは随分立派になった!

20年前に来た時にはファミリー経営の土産ショップにすぎなかったがナバホ族の生活スタイルもこの20年で激変したに違いない!
さて、食事するのはビジターセンター内にある唯一のレストランThe View Restaurant(ザ・ビューレストラン)しか選択肢は無い! 

048_2015100920345034f.jpg 
店名の通り窓の外は雄大なモニュメントバレーの岩山が素晴らしいビュー!

053.jpg


さて、メニューを拝見!
サラダ、スープ、バーガー、サンドイッチなどのスタンダードなアメリカンランチに加えてナバホの伝統的な料理が加わったメニューの構成!

050.jpg    051_20151009203542a56.jpg 


僕と妻は はJohn Wayne Burger(ジョンウェインバーガー)
ハンバーガーのサイドを飾るのはベーシックにFrench Fries(フレンチフライ)!
ハンバーガーと言えどファストフードではなく、オープンスタイルで提供されるミール・・・

060_201510092036136c9.jpg


もちろん名前はこの地で西部劇の映画で活躍した名俳優のJohn Wayne(ジョンウェイン)にちなんだネーミング!
包み紙に包まったファストフードでなく、皿で提供される立派なアメリカ料理なのでナイフとフォークで頂くのが礼儀だが、2等分にオープンに盛り付けられた上下を合体し素手でかぶりつくワイルドな流儀ももちろんOK!!
100%ビーフのグリルパティはハーフパウンドで肉肉しい!
特に日本のハンバーグのように脂身を入れて肉汁のジューシーさを演出せず、赤身を使っているのでパサパサ感がありミートローフのような仕上がりでオールドファッションなハンバーガー!
野菜はすべてフレッシュなレタス、トマト、レッドオニオン!
$1プラスでチェダーチーズのトッピングをオーダーしたがとろけて無いのは残念・・・

063_20151009203640bc7.jpg


娘はJack Seltzer Dreen Chile Quesdilla
チェダーとモントレージャックの2種のチーズをブレンドし、グリーンチリと共にフラワートルレィーヤで包んで焼いたケサディヤ!
ホームメードサルサ、ワカモーレ、サワー、クリームで頂くいかにもサウスウエスタンな料理!!

057_20151009203603631.jpg

最高のロケーションがご馳走だが、料理は普通・・・そして料理の提供も遅いが、この景色を眺めてられる時間が心地いいので文句は無いが!


The View Restaurant 
●Monument Valley, UT 84536
●435-727-3468 
HP http://monumentvalleyview.com/the-view-hotel/dining/
[ Comment <0> ] [ Trackback <0> ] [ top↑ ]

Monument Valley, UT20年ぶりにナバホの聖地を走る!

10/09/2015
グールディングストレーディングポストミュージアムを離れモニュメントバレーの中心地となるビジターセンターのある場所へ!
宿からわずか6マイルおよそ10分で到着!
ここも20年ぶり!

0424.jpg 
ナバホ族の人口は約30万人!
そのうち、モニュメントバレーには約300人が暮らしている!
アメリカ先住民(ネイティブ・アメリカン)の人口は約280万人で全米に563種族がいるという!
そのうち、およそ1/3の先住民人々がカリフォルニア、アリゾナ、オクラホマ州に住んでおり、それぞれの種族が居留地内で独自の政権、自治の元で暮らしている!
その中でも最も多く広い居留地のアンテロープキャニオンやモニュメントバレーに暮らし管理しているNavajo(ナバホ族)!!
先住民族たちは連邦政府から居留地を与えられ、生活を保障されておいてアメリカ国民が支払う税金の制度は無く、学生は大学までの学費が無料という独自の特権が与えられているという!
IMG_0425.jpg


昔は無料だったが、Navajo(ナバホ族)が管理するMonument Valleyの中心地のビジターセンターへ行くには入場料を払うようになっていた・・・
大人一人 $10.00 (9歳未満無料)/車1台につき$20.00(4人まで)
http://utah.com/monument-valley/visitor-center

数百年経つ現在でもアメリカ政府の文化とインディアンの文化は異なるためなかなか発展に至らないインディアンの人々の生活・・・
20年ぶりの訪問だったが、イメージと大きく違う事があった!

それが立派になったビジターセンターとホテル、Trading Post(土産物屋)、レストラン、の商業施設!
調べてみると近年2008年にオープンしたばかりだったので知らなかったのは当然・・・
http://monumentvalleyview.com/the-view-hotel/
入場料を払ってここに来たのはナバホの聖地のオフロードを車で走るのが目的!
ここナバホの聖地はアメリカの国や州の管轄外でナバホ族の私有地となるので車の保険も利かないので注意が必要!

IMG_0437.jpg


Monument Valley Navajo Tribal Park(モニュメントバレー ナバホ トライバル パーク)でオフロード走行のアドベンチャー!
ビジターセンターを出発し、舗装されてないゴツゴツした岩肌のあるロードを走る!車は4X4が多く、我々もJEEPなので安心だが、時々普通の自家用セダン車もいる・・・
入場した時にもらったパンフレットの地図を見ながら番号順に回ってみる!

037_201510072027273bc.jpg 

016_2015100720253762d.jpg

017_20151007202545d32.jpg


走るごとに変わるけ景色に撮る写真の数も多くなる・・・

024_2015100720262565e.jpg 
所々あるビューポイントのパーキングエリアにはインディアンジュエリーの店があり特に女性に人気が高い!
妻と娘もブレスレットやペンダントを購入!

031_201510072026524cb.jpg 
身近に観れるモニュメントバレーの岩山には圧巻!!

034_201510072027182f3.jpg 
コロラド高原の一部のMonument Valley(モニュメント・バレー)は、ユタ州南部からアリゾナ州北部にかけて広がる地域にある!
テーブル形の台地はメサ、浸食した岩山はビュート、そして記念碑を意味するMonument/モニュメントと呼ばれる岩山が点在する大地がモニュメント・バレー!
このポイントアメリカの西部劇の映画で馬にのったジョンウエインが岩の上に立つシーンが有名!

032_2015100720270290a.jpg

IMG_0444.jpg 

この地はナバホ族の聖地でありナバホ族の居住地! ナバホ族の管理・管轄で観光客に一般開放する形で公開されている!
この赤い土と岩山!赤いのは鉄分が酸化して錆びた色がこの茶褐色の大地を造りあげた!
ロッキー山脈から鉄分が多く含んだ川の流れが下流のこの地域に溜まり沈泥となったもの!
この雄大な地形は、2億7千万年位前の地層が現われたものが風化・浸食によって形成されたと言われ、現在でも岩山の形が変わっている!!

039_20151007202740cc4.jpg


学者の研究によればここでは遺跡が発見されていて、先住民が生活しており、西暦1300年頃まで先住民が住んでいたと推測されている!
ナバホ族がこの地に住むようになったのはその後で、19世紀半ばには当時のアメリカ大統領エイブラハム・リンカーンによりLong Walk of the Navajo(ロング・ウォーク・オブ・ナバホ)など実行されインディアンの民族浄化の施策が行われた!

040_2015100720274759f.jpg


またジョン・ウェイン主演の西部劇の舞台となり、名映画監督のジョン・フォードによる「駅馬車」や「捜索者」有名!
後には「バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3」で1885年にタイムスリップした場所としてロケに使われたり「インディ・ジョーンズ/最後の聖戦」、「フォレスト・ガンプ/一期一会」などのロケ地になっている!

045_20151007202802164.jpg

ここでナバホ族のインディアンの過去の話を振り返ってみる・・・
このモニュメントバレーの風景と共に彼らが過去に受けた事を想像しながらご覧下さい!
ナバホ族の土地に金鉱があると信じていた軍はこの土地からナバホ族を追い出そうとし、インディアンと白人軍の戦いが始まる・・・
白人たちの作戦でナバホ族のトウモロコシ畑、小麦の畑、果樹を焼き尽くし、家畜や馬を奪い家を焼き殺人を繰り返した!
そして、1864年、合衆国大統領エイブラハム・リンカーン領率いる米軍によってナバホ族インディアンおよそ9000人を土地から追い出し民族浄化が実行された!
IMG_0426.jpg 
18日かけて高地沙漠地帯をおよそ500km歩かせニューメキシコ州南東部にあるアパッチ族強制収容所へ移住させられたのがLong Walk of the Navajo(ロング・ウォーク・オブ・ナバホ)
この移動で歩けなくなった女性・子供・老人の200名以上が命を落としたという・・・
そして、長年敵対するナバホ族とアパッチ族の両インディアン部族を同じ収容所に入れた・・・
ナバホ族はアメリカ軍隊から強制労働を強いられ、女は暴行され、幼児のほとんどが死んだ・・・こんな悲惨な過去が先住民達にあった!!

IMG_0433.jpg

一方でその昔には白人とインディアンには心温まる言い伝えがある!
それが今でもアメリカの祝日となっている11月第4木曜日の感謝祭(Thanksgiving Day/サンクスギビングデー))!
1621年(イギリスからアメリカに渡り移住してきたPilgrim Fathers(ピルグリム=巡礼始祖)は、冬の寒さで大勢が死亡・・・
近隣に居住していたインディアンのワンパノアグ族が助けたと言う言い伝え!

翌1621年の秋には、収穫が多く、ピルグリムファーザーズはワンパノアグ族を招待し、神の恵みに感謝して共にご馳走をいただいた!
それが感謝祭の始まりという心温まる話もある・・・!
もしもオフロードのドライブに自信が無くても観光用のジープで案内してくれるツアーもあるのでアドベンチャー感覚で体験されることをオススメします! 

IMG_0439.jpg 


Monument Vally
[ Comment <0> ] [ Trackback <0> ] [ top↑ ]

Monument Valley, UTナバホ族と西部劇の出会い!(Goulding’s Trading Post Museum)

10/07/2015
 モニュメントバレーのGoulding's Lodgeに宿泊して朝を迎える・・・

202.jpg 


朝食を食べる場所は昨夜ディナーで利用した宿泊しているGoulding's Lodge内ののレストランしか選択肢がない!
しかし昨夜の食事でナバホインディアンのトラディショナル料理のフライブレッドで胃もたれ・・・
そこでスーツケースから取り出したのが日本から持ってきたカップ麺の どん兵衛
「アメリカ飯に飽きた時に!」とスーツケースに忍ばせてきた!
わずか4日目にしてどん兵衛が活躍する事に!

206_20151007200202fc7.jpg


 さて、宿をチェックアウトしてまずは敷地内のGoulding's Lodge(グルーディングロッジ)の敷地内にある
Goulding’s Trading Post Museum(グールディングトレーディングポスト博物館)を見学!

003_20151007200325feb.jpg


1989年にオープンしたアメリカンインディアン(ナバオ族)の生活とこの地で撮影されたアメリカ西部映画映画の軌跡を展示した博物館!

011_201510072004154f1.jpg

グルーディングロッジの宿泊者以外でもにも開放され、誰でも訪問出来る!
入場料の料金は設定されておらず、寄付の形式なので入り口付近の大きな箱に任意のお金を入れてから見学できる!
その寄付金は、地元の高校を卒業生した大学の奨学金の補助金として毎年春に納められているということ!
さて、グールディングストレーディングポストミュージアムはその名の通り交易所の博物館!
かつては、キッチン用品、缶詰、食材など材料、また銃などの商品を取引販売していた場所で、当時そのままのものが多く展示されている!
また、博物館の次のセクションでは、交易時代の原毛のバッグ、コーヒーの木箱、馬のサドルなどが展示されている!

004_20151007200458e62.jpg


そして、20世紀からグールディングので初期の頃の写真や地元のナバホ族の写真が展示され、ディスプレイケースはネイティブアメリカンの部族の陶器や工芸品を見ることができます!
「Josef Muench Room(ヨーゼフミュンヒルーム)」は有名な写真家ヨーゼフ・ミュンヒの写真が展示されかつての映画監督ジョンフォードも目を引いた写真!
「Movie Room(ムービールーム)」ではここモニュメントバレーを舞台とした西部劇のジョン・ウェイン映画を中心に、 映画のスチール写真やポスターなど・・・映画のアイテムが展示されている!
二階は1940年代と初期の50年代後半に近い「居住」を復元していて、半世紀以上前の生活が想像できる!

005_20151007200552ecc.jpg



博物館の裏には「ジョン・ウェインの小屋」があり、1949年にのジョン・ウェイン主演の映画「黄色いリボン」の撮影で使われた!

009_20151007200631ea7.jpg
 

Goulding’s Trading Post Museum
●1000 Main Street, Oljato-Monument Valley, UT 84536
HP http://www.gouldings.com/museum/

[ Comment <2> ] [ Trackback <0> ] [ top↑ ]

Monument Valley, UTナバホ料理に撃沈された夜!(Goulding’s Stagecoach Dining Room)

10/06/2015
我が家が宿泊しているのはレストランに近いモーテル形式の部屋ではなく、遠く離れた1件家のコテージ!
食事をするにも車でレストランまで移動する・・・

180.jpg

宿泊しているGoulding’LodgeのレストランGoulding’s Stagecoach Dining Room (グールディングス・ステージコーチ・ダイニングルーム)での食事!

181.jpg

景色の良い窓際の席に案内される!

186.jpg

ビールでも飲みたいが、ここナバホの聖地にアルコールは無い!!
そもそも過去の歴史の中で、白人たちが彼ら先住民の土地と多くの命を奪った訳だが、60年代終わりにようやく政府は彼らに生活を保障し、援助を与えた・・・
その結果、かつての原始的な生活とは一転し、贅沢な食事も出来るようになり、酒に溺れるものは多くなり、アルコール中毒、そして心臓病や糖尿病などNew World Syndrome (ニューワールド症候群)と言われる病に陥った・・・
そして先住民族は居留地内での飲酒、またはアルコール類を販売することを禁止する法律が生れたという事だ!!
という訳で壺に入った水がテーブルにされる!

191a.jpg


窓の外はナバホ族のインディアンの聖地!
かなり暗くなってしまったがレッドロックが夕焼け空ののシルエットで幻想的!

185.jpg


さて、食事もナバホ族の伝統的な食事を中心に、John Wayne(ジョン・ウェイン), John Ford (ジョン・フォード)、Henry Fonda(ヘンリーフォンダ)西部映画の撮影のロケで好んで食べたものがメニューに並んでいるようだ!
せっかくなのナバホ族の料理を選んでみる!

187.jpg  188.jpg 

189.jpg  190.jpg 

Navajo Taco Sampler(ナバホ・タコ・サンプラー)
名前の通りナバホ式のタコスでNavajo(ナバホ族)のトラディショナルな料理らしい!!
大きなNavajo Tacoもメイン料理にあるが、シェアして味見できるミニサイズのサンプラー!
コーンのトルティーヤを使ったメキシコのタコスと違い、ベースは揚げパンのインディアンブレッドのNavajo Frybread(ナバホ・フライブレッド)!
そのインディアンブレッドの上にたっぷりの豆をスパイシーに仕上げたChili con carne(チリコンカルネ)、そしてレタスチーズなどが乗った料理!

192a.jpg

そしてもう一品注文したのは Navajo Frybread With a bowl of chili con carne
良くメニュー内容を読まずにさらっとオーダーしてしまったが嫌な予感・・・
そう、Chili con carne(チリコンカルネ)とNavajo Frybread(ナバホ・フライブレッド)が別々になっているだけ・・・
ナバホ・フライブレッドもチリもボリュームあるので飽きる・・・そして揚げパン尽くしに胃ももたれて撃沈・・・

193a.jpg

インディアンブレッドが悪いのではない・・・料理の選択をミスしたのは我々なのだが・・・


Goulding’s Stagecoach Dining Room 
●1000 Lodge Road, Goulding's Lodge, Monument Valley, UT 84536 
●435-727-3231
HP http://www.gouldings.com/dining-room/
[ Comment <0> ] [ Trackback <0> ] [ top↑ ]

Monument Valley, UTナバホ族の聖地の宿!(Goulding's Lodge)

10/05/2015
 Lake Powell(レイクパウエル)を出発し北東へ126マイル(約202km)・・・2時間半でモニュメントバレーに到着!
宿泊するのはナバホ国のど真ん中のナバホ続の聖地にある Goulding's Lodge(グールディングズ ロッジ)

159_20151004205036aed.jpg 

キャンプ場、モーテールタイプの客室、孤立したロッジなど様々な宿泊施設に加え、敷地内にはアメリカ西部劇の名優ジョンウェインミュージアム、土産物ショップスーパーマーケット、ガソリンスタンド、消防署レストランなど・・
ホテルというよりも小さな町のようになっていてレストランに行くにも車で行かなくてはならないほど広い!

158.jpg

そして、ここはナバホ族の聖地なのでこの地の管理は全てナバホによるもの・・・当然働く人々もすべてネイティブアメリカンのインディアン!!
アメリカの中に他の国があるような聖地で神秘的な場所!
ビジターセンターのある中心地にホテルがあるが、それ以外このモニュメントバレーを目前にする宿はここくらい!
なので宿を予約しようと思った半年前には満室だった・・・
モニュメントバレーから163号線を23マイル(37km)30分ほど北東に上がったMexican Hat(メキシカンハット)という町か、モニュメントバレーから163号線を南西に30分下がったkayenta(カエンタ)という町に行かなくては宿は無い!
という事でこのGoulding's Lodge(グールディングズ ロッジ)は人気が高い上にアメリカ国民は祝日のある連休だったので満席だった・・・
あきらめてカエンタの宿を予約をしていたが、未練たらしく時々ホームページの予約ページをチェックしていたら半月ほど前にキャンセルによる空室が1部屋だけ出た!

ロケーションは正にナバホ族の居住地!

162.jpg 


160.jpg

何とか予約できたこの部屋・・・3ベッドルームの一軒家!

170.jpg 
建物は古いものの、広いリビングにキッチン、洗濯機、乾燥機、寝室3室、2バスルーム(2浴室2トイレ)と贅沢な宿泊となった!
広いキッチンとダイニング!

166.jpg

広々ソファーのあるリビング!

173.jpg 

窓の外はモニュメントのレッドロック!

175_201510042052417e0.jpg 

そして寝室は3室あるので一人一部屋!

171.jpg 

196_201510042053185c2.jpg

197.jpg

さて、ここはナバホの聖地なので法律により酒の販売もレストランでの飲酒もNGだが家のバルコニーで一息!

予め、他の地域で入手していおたメキシコのビール(TEKATE/テカテ)でチェックインの乾杯!

176.jpg 

この後敷地内のレストランで夕食だが、間違えなく酒は飲めないので先に飲んでおこう!
179_20151004205402a37.jpg 

さて、程よく飲んで夕食! ナバホ族によるメリカン・インディアンの伝統料理をいただこう!

169.jpg


Goulding's Lodge
●1000 Main Street, Oljato-Monument Valley, UT 84536 
●(435) 727-3231
HP http://www.gouldings.com/
[ Comment <0> ] [ Trackback <0> ] [ top↑ ]
PROFILE

Thank you for visiting!

After9

After9

ウマソウル管理人 After9(アフター・ナイン) ★1964神奈川県産→18で上京→27で渡米→現在は東京都在 /趣味:飲み食い、音楽鑑賞:Black Music(Soul,R&B,Funk)、ドラム演奏、西洋アンティーク家具&雑貨収集、古いもの好きで愛車2台もクラシックな53歳の英国車と26歳のアメ車・・・

MAIN MENU

 


____________________________

<ブログ内 料理別検索>


 

<ブログ内キーワード検索>

 

LET'S EAT !

<ウマい!お取り寄せ>

北海道

 

紅ズワイガニ


北海道産 塩水ウニ


虎杖浜 たらこ


いくら極薄醤油漬け


宗谷産 ホタテ貝


厚岸 殻かき



____________________

東北

 

大間 本まぐろ


陸奥湾 活ほたて


三陸海宝漬(中村家)


気仙沼 ふかひれ姿煮


厚切り芯たん
(伊達の牛タン本舗)

____________________

北陸

 

永平寺ごま豆腐


とり野菜みそ(まつや)


小鯛のささ漬け

____________________

関東

 

宇都宮餃子会


水戸納豆(天狗納豆)


湘南 釜揚げしらす


佐島 活けタコ


天然三崎のまぐろ
(三崎港シー・ユニオン)


プティ・フール・サレ
(鎌倉レ・ザンジュ)


生しらす

____________________

中部

 

金目鯛味噌漬け


駿河湾 生桜えび


うなぎ蒲焼
(浜名湖 山吹)


ドイツソーセージ(腸詰屋)


ひつまぶし(しら河)


味噌煮込みうどん


元祖手羽先唐揚(風来坊)

____________________

近畿

 

丹波栗


平宗 柿の葉寿司


神戸牛


神戸ワインマスタード

____________________

四国

 

トロ鰹のたたき


手打ち讃岐うどん

____________________

中国

 

生ほたるいか


焼あなご


下関とらふぐ(関とら)


かにトロ丼

____________________

九州

 

水たき(博多華味鳥)


家庭用明太子
(味の明太子ふくや)


極上とうふ 佐嘉おぼろ
(佐嘉平川屋)


とらふぐ生茶漬け(ふく太郎)


長崎カステラ(松翁軒)


馬刺し(若丸)


宮崎 鶏の炭火焼


宮崎 パイン牛 ユッケ


鹿児島 さつま揚げ
(高浜蒲鉾)


紅はるか


沖縄そば
(サン食品)

____________________

 

自家製ユッケジャンスープ
(ソウル市場)


ポッサムキムチ
(コリアタウンキムチ亭)


万能の素
(ハンおばさん手作り)

____________________

 

台湾 小籠包
京鼎樓(ジンディンロウ)


台湾 腸詰

____________________

 

明蝦巻(耀盛號)


横浜中華街(聘珍樓)


焼売(同發)


叉焼

____________________

 

インドカレー(アジャンタ)

____________________

 

活オマールロブスター


カナディアン ローストビーフ

____________________

 

BLUE MOON
(ブルームーン)


Buffalo Wings
(バッファロー・ウィング)


USDA Ribeye Steak
(リブアイステーキ)


Baby Back Ribs
(ベイビーバックリブ)


NewYork cheesecake
(ニューヨーク・チーズケーキ)


NOBLE HANDCRAFTED
ノーブル ハンドクラフテッド

____________________

 

Chorizo(チョリソー)
(EL AMIGO/エル・アミーゴ)


CHOLULA Hot souce
(チョルーラ・ホットース)


プレミアムテキーラ
(クエルボ1800)

____________________

 

オーシャンビーフ


フレンチラムラック

____________________

 

スモークサーモン


マヌカハニー

____________________

 

ロティサリーチキン


アソーテッドペストリー


エスカルゴ ア・ラ・ブルギニヨン
(ブルゴーニュ産)


マグレ・カナール・セッシェ


フォアグラ・ド・オァ

____________________

 

パルミジャーノレッジャーノ
(ザネッティ社)


パルマ産プロシュット


カチャトーレDOP(レボーニ社)


アランチーニ

 

LET'S GROOVE !

 

<アメリカのRADIOを聴こう♪>

 

Los Angeles,CA
Old School Soul,R&B,Rado
102.3 Radio Free KJLH

 

Wilmington,NC
Classic Soul,R&B Radio
Jammin 99.9

 

Old School Soul,Funk Live
Zmix97
_________________________

<Get a Funky Music>

 

SOUL・R&B by Amazon

 

LET'S TAKE A TRIP !

 

トリップアドバイザー


一休.com


Hotels.com


JAL 日本航空
JAL 日本航空

海外WiFiレンタル
GLOBAL WiFi

 

LINK


After9が参加しているサイト↓


にほんブログ村 
ブログランキング・にほんブログ村へ


PINGOO!メモリーボード 
PINGOO!メモリーボードへ


4Travel(フォートラベル)


30min


Tripadviser(トリップアドバイザー)


tabelog(食べログ)


Google+

<ACCESS MAP>
Thank you for your visit!