CookingTacos de Carnitas(カルニータス/カニータス)!

03/27/2021
Taco(タコ)はコーン粉100%のmasa(マサ)を練って薄くした薄焼きパンのようなトルティージャ(英:トルティーヤ)を使ったメキシコ食!
トルティージャ+具+サルサ(ソース)=Taco(タコス)になります。

★タコスのレシピの過去の記事もご覧ください↓
トルティーヤのレシピ メキシコのTortillaトルティージャ
サルサのレシピ Salsa Mxicana(サルサ・メヒカーナ)
カルネアサダ・タコスのレシピ  Tacos de carne asada(タコス・デ・カルネアサーダ)
バハ・フィッシュ・タコスのレシピ Tacos de pescado(タコス・デ・ペスカード)

Tacosの具材メキシコの地域や屋台によっても様々で、その土地の農作物など何でもタコスの具になります!
タコスの具は肉系がポピュラーですが、シーフード系、野菜系のタコスもあります!
屋台でポピュラーなタコスの具は、牛ステーキのCarne Asada(カルネアサーダ)、豚肉の煮込みCarnitas(カルニータス)、スライスした豚肉を重ね、Al Pastor(アル・パストール)、牛肉煮込みのSuadero(スアデロ)などがあります。

今回紹介するタコスの具は、ポークを煮込んだポピュラーなタコス Tacos de carnitas(カルニータス)!
スペイン語でcarnitasは「カルニータス」と発音しますが、アメリカでは英語で「カニータス」で親しまれています!

IMG_3455_20210327105447409.jpg

店や屋台でカルニータスは大きな鍋で大量のラードで豚肉をじっくり煮込みますが、家庭では現実的ではないのでラードを使わない家庭のレシピで紹介!

家庭のレシピで、カルニータスは豚肉を低温調理します!
その低温調理で便利なのがSlow cooker(スロークッカー)という調理家電。
日本ではあまり知られてませんが、アメリカではとてもポピュラーな調理家電で、1940年代から販売され電子レンジのようにポピュラーな調理家電のスロークッカー。



日本のアマゾンで販売しているクイジナートの商品は3Lと大き目だったので、狙っていた2クオートの小型スロークッカーをアメリカのAmazonから取り寄せました。
ちなみにアメリカのアマゾンではグローバル発送というサービスがあり日本にも発送してくれます(*商品によって不可はあり)注意:日本のアマゾンとは別にアカウントを新規登録が必要。

slowcooker.png


注文からおよそ1週間でアメリカからスロークッカーが到着!
購入したのはErite Gourmetというアメリカのブランド、 2QT(約2リッター)の小型のスロークッカーでオーバル型、送料込みで5300円でしたので日本で買うより安く済みました。
本体はステンレス仕上げ、内鍋のポットはセラミック(陶器)製。

IMG_3383.jpg

材料
Carnitas(カルニータス)
●豚 肩ロース1kg / 2 lb(約900g)
●塩大さじ1強 (15ml強)
●ブラックペッパー大さじ1/2
●オレガノ 大さじ1/2
●クミン大さじ1
●オニオン1/2(チョップorくさび切り)
●ハラペーニョ(チョップ)
●ガーリック4片(みじん切り)
●オレンジジュース1個分(90ml)できればしぼり汁
●ライムジュース1個分
●コカ・コーラ(オリジナル)90ml (意外ですがメキシコの家庭の煮込み料理で使うようです)
●ローリエ 1枚

肉は肩ロースに、塩・ブラックペッパー・オレガノ・クミンを振りかけて全体にまぶします。

IMG_3418.jpg

その他の野菜やジュースをポットに入れてスイッチを入れるだけ!
スロークッカーは沸騰しないぎりぎりの温度でじっくり火を通す調理家電です。
上記のレシピでLOW(ロー)で6時間、High(ハイ)で4時間

IMG_3426.jpg

今回は時間がなかったのでHIGHで4時間低温調理・・・900gの肩ロースも小さくなりました。

IMG_3438.jpg

フォークを使って「ホロホロ」に解します。

IMG_3440_20210327105458ec5.jpg

残ったジュースは肉の仕上げに使います。

IMG_3444.jpg

油をいれたフライパンでクリスピーに焦げ目をつけでジュースを入れてます!

IMG_3443.jpg

良い焼き加減になったらカルニータスの完成!

IMG_3448.jpg

今回のトルティーヤは初めてブルーコーンのマサを使用!

IMG_3451.jpg

Amazonで購入しました↓



さて、コロナも用意・・・

IMG_3445.jpg

トルティーヤにカルニータスをのせてサルサ&好みのトッピング(アボカドやワカモレ・シラントロ・ハラペーニョ・など・・・)そしてライムを絞って召し上がれ!

トルティーヤのレシピ→ メキシコのTortillaトルティージャ
サルサのレシピ→ Salsa Mxicana(サルサ・メヒカーナ)

IMG_3456.jpg
[ Comment <0> ] [ Trackback <0> ] [ top↑ ]

CookingBaja Fish Tacos(バハ・フィッシュ・タコ)/Tacos de pescado(タコス・デ・ペスカード)

03/13/2021
 Tacosの具材メキシコの地域や屋台によっても様々で、その土地の農作物など何でもタコスの具になります!
Tacos de 〇〇〇というタコスの呼び名になります。
ポピュラー屋台の肉のタコスは、ビーフ焼きのCarne Asada(カルネアサーダ)、ポーク煮のCarnitas(カルニータス/英語読み:カニータス)、豚重ねタワー回転焼きのAl Pastor(アル・パストール)、牛肉煮込みのSuadero(スアデロ)などがあります!

*写真は我が家のカルネアサダ

21021412f_202102281552013c1.jpg

さて、今回はバハ半島の名物でアメリカのサーファーにも人気のFish Taco(フィッシュ・タコ)の紹介!
バハ半島はサーフィンのポイントも多く、多くのカリフォルニアのサーファーが訪れる事から、サーファー好きのタコスの象徴になったのではないでしょうか?(あくまでも僕の推測ですが)
また、フィッシュタコスが看板メニューのタコスチェーンWahoo's Fish Tacos(ワフーズ フィッシュ タコ) の創業者もサーファー兄弟で、アメリカでフィッシュタコはステレオタイプなサーファーズフェイバーになっています!
ちなみに日本のお台場にも進出しています。
写真は過去に訪問したTorrance店

IMG_1438a.jpg

フィッシュタコは白身魚のフリットを入れたタコスですが、スペイン語の現地ではTacos de pescado(タコス・デ・ペスカード)と呼ばれ、メキシコの西に位置する細長いバハ半島の名物なので英語では(Baja Fish Tacos/バハ・フィッシュ・タコ)とも呼ばれます!

IMG_3260_20210313120902680.jpg

僕が初めて食べたのは90年代にメキシコのバハ半島の先端のカボサンルーカスの海辺のタコス屋台ですが、肉のタコスとは違う衝撃なウマさでした!
ペスカードの場合は白身魚のフリットに合うようマヨネーズベースのサルサやキャベツの千切りのコールスロー(Ensalada de col)のトッピングが良く合います!

Ensalada de col
我が家のタコス用のコールスローのレシピは、Red cabbage(紫キャベツ)を使い、」 マヨネーズとハチミツをミックスして塩コショウで味を調えるだけのシンプルなもの。アメリカでは白ワインビネガーを加えたりしますが、日本のマヨネーズにはすでに酢が入っているので必要ないと思います。

アメリカのTV番組で観たのですが、魚を衣で揚げたフィッシュタコ「タコス・デ・ペスカード」のルーツは意外や意外、日本の天ぷらを真似たとの事です!
メキシコのバハではサメを使うのがポピュラーのようですが、日本では手に入らない我家ではフリットの定番のタラを使いますが、お好きな白身魚でどうぞ。
さて、我家のタコス・デ・ペスカードのレシピを紹介します!
トルティージャとサルサのレシピは過去の記事をご覧ください↓

トルティーヤのレシピ メキシコのTortillaトルティージャ(トルティーヤ)作り!
サルサのレシピ  Salsa Mxicana(サルサ・メヒカーナ)
カルネアサダのレシピ Tacos de carne asada(タコス・デ・カルネアサーダ)
カニータスのレシピ Tacos de Carnitas(カルニータス)



IMG_3259b.jpg

タラは予め塩・コショウ・ライム(またはレモン)・チリペッパー(お好みの量で)をマリネして30分ほどおきます。
味付けは強めで。

IMG_3248.jpg

小麦粉を良く冷えたソーダ水・またはビールで混ぜて白身魚に絡ませてすぐに揚げます。
ソーダ水・またはビールを使うことで衣がクリスピーな上げ具合になります。

IMG_3504.jpg

焼きたてのトルティージャにペスカード(魚のフリット)を入れて好みのサルサとコールスローを入れて召し上がれ!
ぺスカードのタコスに乗せるサルサはSalsa Mxicana(サルサ・メヒカーナ)が定番で良く合います。

”Los tacos de pescado son buenos!”

IMG_3265_202103131209043c2.jpg
[ Comment <0> ] [ Trackback <0> ] [ top↑ ]

CookingSalsa Mxicana(サルサ・メヒカーナ)

03/07/2021
Tacos(タコス)は、Tortilla(トルティージャ)+具材+Salsa(サルサ)の3つで構成されます。

過去にトルティージャのレシピ「メキシコのTortillaトルティージャ」
カルネ・アサダのレシピ「Tacos de carne asada(タコス・デ・カルネアサーダ)
フィッシュタコスのレシピ Tacos de pescado(タコス・デ・ペスカード)

 などを紹介しましたが、今回はタコスには欠かせない脇役のサルサのレシピを紹介します。

21021412c.jpg

タコス味の決め手となるSALSA(サルサ)にはいろいろな種類があります。
SALSA(サルサ)=ソースの意味ですが、日本では「サルサソース」と言われる事もあり「ソースソース」って変ですね。
余談ですが、昔アメリカのラーメン屋の看板に「ramen noodle(ラーメンヌードル)」って書かれていたのを思い出します・・・

さて、料理によって使うSalsaも様々ですが、タコスに合い、タコスの屋台でもポピュラーなサルサは下記の4種ではないでしょうか?
●Salsa Mxicana(サルサ・メヒカーナ)
食感を残した唐辛子とシタントロ(英語:コリアンダー)の緑、玉ねぎの白、トマトの赤のメキシコ国旗のカラー!
サルサ・クルダ(SALSA CRUDA)とも呼ばれます。
●Salsa Roja(サルサ・ロハ)
いろんな料理でも代用されるメキシコの一般的な赤いトマトベースのソース!
トマト、赤唐辛子(チレ・デ・アルボル)、玉ねぎ、ニンニク、水・コンソメ シラントロで作るタコス屋ても定番のサルサ
●Salsa Verde(サルサ・ベルデ)
青唐辛子を使った緑のサルサを使い、玉ねぎ、シラントロ、グリーントマト、ガーリックをミキサーで混ぜた辛いサルサ
●ワカモレ(GUACAMOLE)
totopos/トトポス(英語:トルティーヤチップス)のディップにも定番のアボカドのサルサ。
今回紹介するのはSalsa Mxicana(サルサ・メヒカーナ)=SALSA CRUDA(サルサ・クルダ)
アメリカではスーパーの野菜売り場でもパックで売られている野菜のみじん切りのフレッシュサルサです!

IMG_3016a.jpg

レシピというのは大げさで、切って混ぜるだけなので超簡単です。
生のハラペーニョが日本では手軽に手に入らないのがネックですが、瓶詰めハラペーニョ(輸入食材店で入手)で代用しています。
■材料
トマト 2個
オニオン 1/4個
ハラペーニョ 2本(生の青唐辛子)お好みの量で
ガーリック 1辺
ライム or レモン
ソルト 小さじ1
●オプション(お好みで)
シラントロ(コリアンダー)みじん切り 香り付け 苦手な方もいるのでオプションで
ピーマンのみじん切り1個 青唐辛子が無い場合は瓶のハラペーニョで代用。ピーマンが青唐辛子に似た食感をカバーします)
材料をみじん切りにして塩を入れて混ぜるだけ。
青唐辛子は日本のスーパーではなかなか手に入らないの瓶詰のハタラペーニョで代用。
辛さ具合は唐辛子の量でが決まるのでお好みの量で。

保存は冷蔵庫でおよそ1週間が目安です。

IMG_3286a.jpg


その他、いろいろなメキシコ料理に合わせたさ様々なサルサがあります。
SALSA RANCHERA(サルサ・ランチェラ),Salsa de Molcajete(サルサ・デ・モカヘーテ),Salsa de Chile Verde(サルサ・デ・チレ・ベルデ),Salsa de Chile Jalapeno(サルサ・デ・チレ・ハラペーニョ),Salsa de Chile Jalapeno Y Aguacate(ハラペーニョとアボカドのサルサ),Salsa Veracruzana(サルサ・ベラクルサーナ), Salsa Adobo(サルサ・アドボ), Salsa de chile Guajillo(サルサ・デ・チレ・ウァヒージョ),Salsa Cruda(サルサ・クルーダ), Salsa de chile chipotle(サルサ・デ・チレ・チポトレ), Salsa more(サルサ・モーレ), Salsa Macho(サルサ・マチョ), Salsa mayonesa con chile Guajillo(サルサ・マジョネサ・コン・チレ・ウァヒージョ),Salsa ajillo(サルサ・アヒージョ)
タコスのレシピは過去の記事をご覧ください。
トルティージャのレシピ「メキシコのTortillaトルティージャ」
カルネ・アサダのレシピ「Tacos de carne asada(タコス・デ・カルネアサーダ)」
[ Comment <0> ] [ Trackback <0> ] [ top↑ ]

CookingTacos de carne asada(タコス・デ・カルネアサーダ)

02/28/2021
Taco(タコ)は100%コーンのmasa(マサ)を薄くして練って薄くした薄焼きパンのようなトルティージャ(英:トルティーヤ)を使ったメキシコ食!

トルティージャ+具+サルサ(ソース)の三位一体=Taco(タコス)になります。
日本の、すし飯+ネタ+醤油(薬味)=寿司になるような料理です。

IMG_3168_202102281536106a8.jpg

★他のタコスのレシピの過去の記事もご覧ください
コーントルティーヤのレシピ「メキシコのTortillaトルティージャ
サルサのレシピ 「Salsa Mxicana(サルサ・メヒカーナ)」
フィッシュタコスのレシピ Tacos de pescado(タコス・デ・ペスカード)
カニータスのレシピ Tacos de Carnitas(カルニータス)


Tacosの具材メキシコの地域や屋台によっても様々で、その土地の農作物など何でもタコスの具になります!
タコスの具は肉系がポピュラーですが、シーフード系、野菜系のタコスもあります!

屋台でポピュラーなタコスの具は、牛ステーキのCarne Asada(カルネアサーダ)、豚肉の煮込みCarnitas(カルニータス)、スライスした豚肉を重ね、Al Pastor(アル・パストール)などがあります。
メキシコのでは日本のように内臓やタンなどの様々な肉の部位も焼いたり煮込んだりしてタコスの具になります。
Tacos de 〇〇〇という様々なタコスがあります。

今回紹介するタコスの具はポピュラーなビーフのタコス Tacos de carne asada(タコス・デ・カルネアサーダ)

●Carne Asada(カルネアサーダ)
スペイン語でCarne(カルネ)は肉、でAsada(アサーダ)は焼くの意味。
牛肉のポピュラーな料理で、肉をマリネしてから焼いたビーフのステーキ。
タコスの具としては食べやすく細かく叩いてトルティージャに乗せます。
まずはマリネ液作り!

●マリネ液
牛肉1ポンド(450ℊ)に対して
セラーノ(グリーンチリ)1個(またはハラペーニョ)、*ハラペーニョの方がマイルド
ニンニクのみじん切り2個、
刻んだシラントロ(英語:コリアンダー/ タイ語:パクチー)好みで適量
オリーブオイル 大さじ2(30ml)、チリオイル 大さじ1(15ml)、
オレンジジュース大さじ6(90ml)、
ライムジュース大さじ2(30ml)、
大さじ1.5杯の白ワインビネガー(アップルサイダービネガーが良い)、
クミン小さじ1/2、塩小さじ1/2、ブラックペッパー小さじ1/2
好みでアンチョビ少々(パウダー)

全てをスムーズになるまでフードプロセッサまたはブレンダーでMIX!

IMG_3131.jpg


●ZIPロックに1ポンド(450g)のステーキとマリネ液を入れ入れ、2時間以上(できれば一晩)冷蔵で寝かせます。

]IMG_3133_20210228154237903.jpg

油を敷いたフライパンでマリネしたビーフを焼きます。

IMG_3151.jpg

ステーキは中強火で焦げ目がつくまでしっかり焼きます・・・
これでCarne Asada(カルネアサーダ)=メキシカン焼肉の完成!

IMG_3156.jpg

もちろんそのまま食べてもウマいのですが、タコスの具としては食べやすいように包丁で細切れに叩きます(豪快に)

21021412f_202102281552013c1.jpg


マリネする時間が無かったりステーキ肉が無い場合は薄切り肉にマリネ液を絡めて炒めても良いです。

IMG_3020_202102281542444c8.jpg

後は具材にマッチした好みのサルサ、好みのトッピングを加えてウマいタコスを頂きましょう~!

参考:●TACOのトッピング
ライムまたはレモン、シラントロ(英語:コリアンダー)、ローストしたハラペーニョ、アボカドまたはワカモレ、ホットソース、赤玉ねぎのみじん切り・・・などなど


21021412m.jpg

トルティージャにカルネアサダを乗せます!

21021412c.jpg


Tacos de Carne Asada


IMG_3023.jpg
[ Comment <0> ] [ Trackback <0> ] [ top↑ ]

CookingメキシコのTortillaトルティージャ(トルティーヤ)作り!

02/22/2021
私After9はかつてアメリカに住んでいる時に旅行で行ったMEXICOでメキシコ人に「どうしてメキシコ人なのにスパニッシュ喋れない?」と言われた事があります・・・
そんなメキシカンのような風貌の日本人がこだわる本場メキシコのtortilla(トルティージャ)を紹介します!
15世紀のアステカ人も食べていたトルティージャ(英読:トルティーヤ)はコーンのマサで作ったメキシコの主食です!

トルティージャは乾燥させたコーン(とうもろこし)をアルカリ性せいの消石灰(せっかい水)でゆでてすりつぶした粉のマサで作られます!
メキシコのタコスの生地は100%コーンのマサで作ります!

IMG_3160.jpg


マサでこねてとうもろこしの皮などで包んで蒸した「タマレス」もメキシコの主食です!

日本で馴染みのメキシコ料理はアメリカ流メキシカンのTEX MEX(テックスメックス)がポピュラーで小麦粉を使ったフラワートルティーヤもありますがアメリカ流です。
ブリトー(アメリカ南西部発祥)やファフィータ(テキサス州発祥)などの料理はフラワートルティーヤを使いますが、メキシコ風アメリカt料理TEX-MEXの代表だからです。
ちなみにナチョスもアメリカ発祥の料理ですね。

さて、コーン粉100のmasa(マサ)は扱いづらいのでパン造りよりも難しいと思いますが、【重要ポイント①②③】を押さえて何度か繰り返せば作れるようになります。

●Masa(マサ)選び【重要ポイント①】
日本で、私はマサが気軽に手に入らない過去はトルティージャを完成できた事はありませんでしたが、今では日本でも通販で簡単にマサが手に入るようになり、ようやく納得できるものが作れるようになりました。

(左:ホワイトコーンマサ、 右:イエローコーンマサ)

IMG_2999_20210221111818390.jpg IMG_3145a.jpg

トルティージャを作るには、とうもろこしの粉なら何でも良いわけではなく、トルティージャ専用のMasa(マサ)と呼ばれるものを使います。
コーンは小麦粉と違いグルテンを持たないので、水を加えてこねても麦粉で作るパン生地のようには粘りませんが、石灰水処理されたmasaは少し粘りが出てまとまりやすい性質を持ちます。
ですので、マサを選ぶ時には主原料のコーンに加えて、「消石灰」または「カルシウム」などの表記がある確認しましょう。
注意*用途の異なるコーンブレットに使うコーンミールなどでは代用できません!(粉の挽き方も成分も違います)

*本格メキシコ料理店では消石灰を加えるくらい必要な成分です。

IMG_3001a.jpg IMG_3145b.jpg


また、マサには大きく分けて3種類 ホワイトコーンマサ(白)・イエローコーンマサ)(黄色)・ブルーコーンマサ(黒っぽい青)があります。
それぞれ、使うコーンの種類が違い、白・黄色・黒っぽい青と色も違えば風味も違います。好みのものを探しましょう!
いずれもAmazonで購入できます↓

    


今回はホワイトコーンマサ・イエローコーンマサの2種類を使っています。
*紹介する写真はホワイトとイエローが混在していますが作り方は同じです。

●トルティージャの生地作り
アメリカンな大きなトルティーヤではなく、焼き上がりは11~12cmの手のひらに収まるメキシカンのトルティージャの大きさになります。
★材料:トルティージャ約20枚分

マサ250g、ぬるま湯350㏄、塩少々
マサと水(ぬるま湯)の比率は1:1.3~1.4 水が多い柔らかめ、少ないと固めの仕上がりになります。
ボールなどにマサを入れてぬるま湯(風呂の湯加減)をゆっくり加えながらこねます。
出来上がりは耳たぶくらい柔らかさになります。

IMG_3250.jpg

まだ丸めません

コネ終わったら、乾燥しないように濡れ布巾や濡らしたペーパータオルなどで蓋をして30分くらい寝かせます。

IMG_3148.jpg

寝かせ終わったらここでピンポン玉くらいの大きさで丸めます(1個30g)
トルティーヤはパンと違い発酵はしないのでこれですぐに整形(プレス)して焼けます。
注意:*時間を置く場合は乾燥しないように濡れ布巾で蓋をして保存(5時間以内が目)

IMG_3008a.jpg  IMG_3150a.jpg

IMG_3256_20210222191451553.jpg
●トルティージャのプレス
マサは2枚の金属板の間にはさんで押しつぶす 「英語:tortilla press(トルティーヤプレス)」スペイン語「maquina(マキナ)」 という器具を使ってプレスします。

我家で使用しているのは軽いアルミ製の6インチ(約15㎝)安価でおすすめです!

IMG_3002.jpg

無い場合は「まな板など平らな板2枚」、「分厚い表紙の本」などを使い均一に上から下へプレスします。
(注意:グルテンのある小麦粉と違いローラーなどで伸ばす事はできません)
本場メキシコのトルティーヤはアメリカンなトルティーヤに比べて小さいのでプレス機は15㎝ほどの直径のものがおすすめ。
サイズは様々なので購入する際はご注意。

トルティーヤプレスはアルミ製や木製などあり、いずれもAmazonで購入できます↓

  

いずれのプレス道具を使う際にもビニール(プラスティック)のシートを上下2枚必要です。
シートは、ジプロック・クリアファイルなどの薄いプラスティックをトルティーヤのサイズに収まる16㎝くらいにカットして使います。

IMG_3009.jpg

上にもシートをのせてゆっくりプレスします。

IMG_3012_20210221120154fb3.jpg

厚さは1mmm、直径は13㎝を目指し、何度か確認しながらトルティージャのシートを回して形を整えます
 (焼くと縮んで11cm~12cmほどの焼き上がりになります)

メキシコの屋台のサイズを目指します。

IMG_3158.jpg

トルティーヤは粘りが無いので焼くまでは柔らかくて割れやすいので慎重シートを剥がしてすぐに鉄板に乗せて焼きます。

IMG_3013.jpg

●トルティージャの焼き重要ポイント②】
トルティージャの焼きは温度が重要で、高温400度~500度の鉄板で焼かないとウマく焼けません

鉄の鉄板(鋳鉄・鋳物など)の鉄板を使用します。
油は敷かず、カラ焼きで焼き上げるのでテフロン加工ののライパン・ホットプレートもNGです。
鋳鉄のすき焼き鍋やルクルーゼなどホーローの鉄製フライパンを使用すると良いでしょう。
我家は30年使用して今も現役のルクルーゼのフライパンを使用。オーブン調理にも使えて1枚あると便利です!



それでは、十分に鉄板を熱したらトルティーヤをプレスして1枚づつゆっくり丁寧にフィルムを剥がして鉄板に乗せます。
十分に熱されていれば縁が浮いて30秒ほどで1回目の返しをします。(最初に鉄板に乗せた状態の上面が具をのせる面になります)
ひっくり返したらさらに1分半ほど(上面)を焼きます。

21021412e.jpg

2回目の返しをしたらすぐにヘラでトルティーヤを押さえると一気に生地は膨らみます(両面焼かれて水分の逃げ場が無くなり膨らむ)
一時的に膨らみますが、元の平らに戻りますのでご安心を。

膨らまない場合は失敗になります。(鉄板の温度不足、焼きのタイミングなどで固かったりポソポソになるでしょう)

何度も経験済です(笑;

21021412f.jpg

すぐに布巾やトルティーヤウォーマーにいれて乾燥しないように蒸らします。
もし膨らまらなかったり固くなってしまった場合は1/4にカットして油で揚げてTotopos(トトポス)/英語:tortilla chips(トルティーヤチップス)にしたり、そこにチーズを乗せておつまみのPeriquitos con Queso(ペリキートス)、
丸のまま揚げた上にサラダをのせてTostadas(トスターダス)、トルティージャにチーズを包んで揚げたQuesadilla(ケサディージャ/英語ケサディヤ)などにするなど活用できます。

●トルティーヤの蒸らし【重要ポイント③】
トルティーヤは水分の管理が重要です。

焼きあがったトルティーヤは乾かないようにすぐに布巾で包むことによって柔らかい状態をキープして美味しく食べられます。

21021412b.jpg

布巾で包むだけで十分ですが、本場の雰囲気にこだわるならトルティーヤウォーマー(スペイン語「tortillero(トルティェロ)」に入れて保湿します。

IMG_3244.jpg

IMG_3259.jpg

余ったトルティージャは密閉して冷凍して保存も出来ます。
揚げてチップスにしたり、翌日ノ朝食にフライパンで卵を乗せて焼いたHUEVOS RANCHEROS(ウエボスランチェロス)もおすすめ!

後は、お好きなメキシカンな具材をトッピングして本格的なMEXICAN TACOS(タコス)をお試しあれ!

IMG_3177a.jpg

タコスの具材の記事は別途紹介しますS!
「Esta muy roco!」

TACOS好きのアミーゴ! コツをつかむと簡単にトルティーヤが作れますので是非チャレンジしてみてください!

タコスのレシピの過去記事もご覧ください↓
Salsa Mxicana(サルサ・メヒカーナ)
Tacos de carne asada(タコス・デ・カルネアサーダ)
カニータスのレシピ Tacos de Carnitas(カルニータス)
フィッシュ・タコのレシピ Tacos de pescado(タコス・デ・ペスカード)

IMG_3023.jpg


★追記:アメリカのメキシカンではなく、日本における唯一無二の本場メキシコ料理の代官山La Casita(ラ・カシータ)は残念ながら2021年1月末で閉店してしまいました・・・

メキシコの名店の修業を終えて70年代に代官山に本物のメキシコ料理店をオープンさせたメキシコ料理の鉄人、渡辺さんが書いたメキシコ料理の本には本当のメキシコ料理のレシピが詰まった1冊です!





[ Comment <0> ] [ Trackback <0> ] [ top↑ ]
PROFILE

Thank you for visiting!

After9

After9

ウマソウル管理人 After9(アフター・ナイン) ★1964神奈川県横須賀生まれ→18で上京→27で渡米→現在は東京都在 /趣味:飲み食い、音楽鑑賞:Black Music(Soul,R&B,Funk)、ドラム演奏、西洋アンティーク家具&雑貨収集、新しいものより古いもの好き・・・

MAIN MENU



____________________________

<ブログ内 料理別検索>


 

<ブログ内キーワード検索>

 

LET'S EAT !

<ウマい!お取り寄せ>

北海道

 

エゾバフンウニ 噴火湾産たらこ


いくら醤油漬け 厚岸マルエモン

____________________

東北

 

三陸海宝漬  厚切り芯たん

____________________

北陸

 

小鯛ささ漬け  のどぐろ一夜干

___________________

関東

 

宇都宮餃子  天狗わら納豆


自家製コンビーフ プティフール サレ


____________________

中部

 

小木曽商店ひもの 駿河湾生桜えび


味噌煮込うどん 手羽先唐揚げ

____________________

近畿

 

ローストビーフ ゐざさ 柿の葉寿司


神戸牛    ちりめん山椒


____________________

四国

 

トロ鰹たたき  シャトーブリアン

____________________

中国

 

炭火焼きあなご 下関とらふぐ

____________________

九州

 

博多華味鳥 元祖辛子明太子


五島うどん  福砂屋カステラ

____________________

 

ユッケジャン ポッサムキムチ

____________________

 

小籠包(京鼎樓) 台湾腸詰

____________________

 

明蝦巻(耀盛號) 焼売(同發)

____________________

 

タンドリーチキン 伝説のカレー

____________________

 

活ロブスター メープルシロップ

____________________

 

バッファローウィング リブアイステーキ


ベイビーバックリブ NYチーズケーキ

____________________

 

  チョリソー プレミアムテキーラ

____________________

 

ラムラック マヌカハニー

____________________

 

スモークサーモン スキクイーン

____________________

 

エスカルゴ  フォアグラ・ド・オァ

____________________

 

アマトリチャーナ  パルミジャーノ


プロシュット  グアンチャーレ

 

LET'S GROOVE !

 

<アメリカのRADIOを聴こう♪>

 

Los Angeles,CA
Old School Soul,R&B,Rado
102.3 Radio Free KJLH

 

Old School Soul,Funk Live
Zmix97
_________________________

<Get a Funky Music>

SOUL・R&B by Amazon

 

LINK


After9 参加サイト

Instagram


tabelog


4Travel


Tripadviser


30min


PINGOO! 
PINGOO!メモリーボードへ

<ACCESS MAP>
Thank you for your visit!