Soul/R&B<E-G>Gladys Knight & the Pips(グラディス・ナイト・アンド・ザ・ピップス)

09/15/2009

turnsoul.jpeg


Gladys Knight (グラディス・ナイト / Gladys Maria Knight)1944年Atlanta, Georgian生れ

 

1952年、彼女が7歳の時、TVのコンテスト番組「Ted Mack's Original Amateur Hour」で優勝し$2000を手にしたのがスター誕生の始まりである!・・・そして彼女は、兄Bubba、姉 Brenda、そしていとこのWilliam と Eleanor Guestの5人でシンガーグループ「The Pips」を結成(グループ名の由来は彼女たちのマネージャーであり、いとこのJames "Pip" Woodsからとった)

The Pipsとして活動し1959年には、Brenda KnightとElenor Guestの交代で、いとこのLangston Georgeと友人 Edward Pattenを迎える!

Knightは16歳で1960年にJimmy Newmanと結婚)

The Pipsの初ヒットは1961年の「Every Beat of My Heart」でR&B部門で1位を獲得!

Langston George がグループを去り4人となりGladys Knight をリードボーカルとしたグループ名を Gladys Knight & the Pips(グラディス・ナイト・アンド・ザ・ピップス)と変える!!

1961年にシングル「Every Beat Of My Heart」をリリースし 6位、 R&B チャート1位をマーク・・1962年のシングル「Letter Full Of Tears」はHot100で19位、 R&B チャート3位・・・1962年にアルバム「Letter Full of Tears 」がリリースされるが、Knightは1962年に長男を出産・・・子育てのためにGladys Knightはグループ去りバックボーカルである3人「The Pips」は Knightがカンバックする1964年までの2年間を単独で活動する!

 

彼女が復帰し、1964年のシングル「Giving Up」(後のDonny Hathawayによるカバー曲)がヒットしHot100で38位をマーク・・・そして彼女らのスター性を見出したのはMotown(モータウン)だった!!

 

Motownとの契約をした彼女達は1967年にモータウンで3枚目のシングル「Everybody Needs Love」をリリースしHot100で39位、R&Bチャートで3位をマーク!・・・「I HEARD IT THROUGH GRAPEVINE」はHot100で2位、R&B チャートで1位をマークし、当時のMotownでは最高の売上をあげるベストセラーとなる!!・・・翌年の1968年に Marvin Gayeによっても大ヒットになったNorman Whitfield のプロデュースによる名作であるが、レコーディングはKnight&PipsよりMarvin Gayeが先に行われていたらしい!(Marvin GayeバージョンではKnightを上回りPopチャートで7週連続1位をマークしている)

 

そして、1967年のアルバム「Everybody Needs Love 」はBillboard200で60位をマークした!

 

1968年のアルバム「Feelin' Bluesy 」はBillboard200で158位をマーク!・・・シングルヒットは「 End of Our RoadがHot100で15位、R&Bチャート3位・・・「It Should Have Been Me」はHot100で40位をマーク!

同年リリースのアルバム「Silk & Soul 」はBillboard200で136位に止まりシングルヒットは無かった・・・

翌年1969年のアルバム「Nitty Gritty 」はBillboard200で81をマークし、シングルヒット(Hot10019位)Nitty Gritty が生まれた、1969年のシングル「Friendship Train」(Hot100 17位, R&B 2位)などNorman Whitfield and Barrettを象徴する"psychedelic soul"(サイケデリック・ソウル)のスタイルが大ヒットを呼んだ!

1970年には初の「Greatest Hits 」がリリースされHot100で55位!・・・

1971年のアルバム「 If I Were Your Woman 」はBillboard20035位をマークし、タイトルトラックの「If I Were Your Woman」(後にStephanie MillsAlicia Keysによってカバーされる)はHot100で9位、R&Bチャート1位を獲得、 1971年にも「I Don't Want To Do Wrong」で Hot100 17位、R&B2位のヒットを叩き出す!!

 

1971 にはアルバム「 Standing Ovation 」をリリースしBillboard200 で60位をマーク!・・・シングル「Make Me The Woman That You Go Home To」はHot100の27位、「Help Me Make It Through the Night」はHot100で33位のヒットとなる!


1972年にアルバム 「Neither One of Us」をリリースしBillboard200で9位をマーク!

アルバムからのシングル「Neither One of Us (Wants to Be the First to Say Goodbye)」Motownでの最大のヒットを叩き出し、Hot100で2位、R&Bチャートで1位に輝き、「Daddy Could Swear, I Declare」はHot100の19位、R&Bチャート2位をマーク!・・・そして1973年に Grammy Award を見事受賞した!( Best Pop Vocal Performance By A Duo,Group Or Chorus部門)

 


1972 Neither One of Us
Motown Record(Hollywood,CA)

20070318190056.jpg

 

1973 年にはアルバム「All I Need Is Time 」でBillboard200の70)位!

そして1973年の「Anthology」をリリース!!・・・Hot100で77位をマークした!

Buddah Recordsに移籍前のアルバムである!

 

 1973  Anthology
Motown Record(Hollywood,CA)

20070318190115.jpg

 



Knight and the PipsはMotown を去り、1973年にBuddah Recordsに移籍!


移籍後の1973年、あの名曲「Midnight Train to Georgia」でGrammy(Best R&B Performance by a Duo or Group with Vocals部門)を受賞する!!
 

1973年にBuddahでのデビューアルバム「Imagination」をリリース!

シングル「Midnight Train to Georgia」はBillboard Hot 100、R&B共に1位に君臨!・・・「Where Peaceful Waters Flow」はHot 100 28位、R&B 6位をマーク!・・・

「I've Got to Use My Imagination」はHot 100 4位、R&B 1位・・・

「Best Thing That Ever Happened to Me」はHot 100 3位、Soul Singles 1位となり、アルバムはBillboard Pop Albums 9位、Billboard Soul Albums 1位をマークしGoldを獲得した!

名曲となった「Midnight Train to Georgia」はGrammy(Best R&B Performance by a Duo or Group with Vocals部門)を受賞した!!

 

 

1973 Imagination

gladysknightpips1994imagination001.jpg 

 

 さて、1974年、映画Claudine (1974) (Spanish) (Sub)(クローディーン)のサントラ版「Claudine」では、Curtis Mayfield (カーティス・メイフィールド)をプロデューサーに迎え、テーマソング「On and On」がヒットしHot100で5位、R&Bで1位に君臨!!・・・そしてアルバムはBillboard200で35位をマークしGoldを獲得した!

 

1974年のBuddahからのサードアルバムとなる「I Feel a Song」はBillboard200で17位をマークし、タイトルトラック「I Feel a Song (In My Heart)」がHot100で21位、 R&Bチャート1位をマーク!・・・「The Way We Were/Try to Remember」はBarbra Streisand のカヴァー曲とミュージカル曲のをメドレーをかけ合わせたシングルで、Hot100で11位、R&Bチャート6位をマーク・・・「Love Finds Its Own Way」はHot 100で47位、R&B3位のヒットとなる!

1975年「 2nd Anniversary」はBillboard200で24位をマークし、R&B4位をマーク!・・・シングル「Part Time Love」はHot 100で22位、R&B4位をマークし、ヒットアルバムを連発する・・・

 

 

人気の上がった彼女達は、TVでも自身らの番組「The Gladys Knight & the Pips Show」を得ている!!・・・しかし、この後、彼女達の低迷時期となり、ライベートでは前夫と離婚し、1976年にBarry Hankersonと再婚すている・・・

1976 年に「The Best of Gladys Knight & the Pips」がリリースされ、Billboard200で36をマークしている・・・

1977年にはサウンドトラック「Pipe Dreams」でBillboard200 チャート94位・・・


1977年リリースの「Still Together」ではBillboard200で51位、BuddahでのKnight and the Pips分裂前のアルバムで、希少なアルバムである!

 

1977 Still Together
Buddah Records(New York,NY)

 

20070318190131.jpg

 


1977年のシングル「Baby Don't Change Your Mind」はVan McCoyプロデュースによる作品!!

1978年にはアルバム「The One and Only 」 をリリースするがBillboard200で145位と大きくスコアを落とす作品となった・・・

さて、1978年~1980年の間の Knight and the Pips はレコード会社Buddahとの法律問題が生じ、KnightとThe Pipsは別々のレコーディングを強制されてしまう!・・・ Knightはこの間に2枚のソロアルバム1978年「Miss Gladys Knight 」、 1979年「Gladys Knight 」 をリリース、The Pipsも2枚のアルバムを発表した後、Buddahレコードを去った!

プライベートでは次男を出産するが 1979年に離婚している・・・

そしてColumbia Recordsと契約をしたのが1980年!新しいGladys Knight & the Pipsへと生まれ変わる事となる!

Motown で活躍する「 Nickolas Ashford and Valerie Simpson」をプロデューサーに迎え1980年「About Love」をリリースしBillboard200で48位、続く1981年のアルバム「Touch」は109位!

1981年にはKenny Rogersのヒット曲「Share your love with me」でバックボーカルを勤めている!

1983年のアルバム「Visions」からのシングル「Save the Overtime (For Me)」はR&Bチャートで1位に君臨!・・・そしてアルバムはBillboard200で34位をマークしGoldステータスを得た!

そして、1987年、Knight and the Pipsでの最後のアルバム「All Our Love」は MCA RecordsからリリースされGold得た!

アルバムからのシングル「Love Overboard」はHot100で13位、R&B 1位の大ヒット作となり、1988年 Grammy において「Best R&B Performance by a Duo or Group with Vocals」部門を受賞!!
同年、Soul Train Music Award for Career Achievementにも選ばれた!

 

1986年Gladys Knightは Dionne WarwickStevie WonderElton John らとの共演によりエイズ寄金の為のチャリティー・シングル「That's What Friends Are For」がDionne and Friends名義でリリースされHot100、 R&Bチャート共に1位に君臨!・・・そして「Best Pop Performance By A Duo Or Group With Vocal」部門でGrammy賞を受賞する!

 

Pipsとしての最後のアルバムは1987年に「All Our Love 」をMCA Recordsからリリースされアルバムチャート39位をマーク!・・・ リードシングル「Love Overboard」はHot100 13位、R&Bチャート1位をマークし、Grammyにおける「Best R&B Performance By A Duo Or Group With Vocal」部門で受賞する!

 

1988年のツアーの後、グループは解散となりKnightはソロとしての道を歩く事となる・・・・ そして、Gladys Knight & the Pips は1989年に「Georgia Music Hall of Fame」殿堂入り!

ベストアルバムがリリースされている・・・

 

 1988 The Best of Gladys Knight & the Pips: Columbia Years
CBS/Manufactured By Columbia Records(New York,NY)

 

20070318190149.jpg

 

1989年に Gladys KnightはJames Bondの映画「Licence To Kill (消されたライセンス )」のサウンドトラック「Licence To Kill 」のタイトルトラック「Licence to Kill 」でUKにおいてチャート6位をマーク(US 18位)しGermanyを受賞!

 

そして1991年にKnightはサードソロアルバム「Good Woman 」がMCAリリースされ、R&Bアルバムチャートで1位の座を得た! シングル「Men」がR&Bチャート2位をマークし、Babyface作の「Superwoman」はDionne WarwickPatti LaBelle の豪華ゲストが参加した!!

(ソロとしてGladys Knightがシングル1991年「Men」、1994年「I Don't Want to Know」を発表する間に
The Pipsは活動にピリオドを打った・・・) (注意:アルバムジャケットは「研ナオコ」ではありません)

 

1991 Good Woman

gladysknight1991goodwoman001.jpg 

 

 同年Knight と LaBelleとのコラボレーションで 「I Don't Do Duets」をデュエット!(Patti LaBelle のアルバム「Burnin' 」収録)

 

4枚目のソロアルバムとなる「Just for You 」はGoldを獲得し、1995年の Grammy Award 「Best R&B Album」部門にノミネートされた!

 

1994 Just for You

 

gladysknight1994justforyou002.jpg 

 

 

 プライベートでは2人目の夫との離婚からおよそ16年・・・1995年にLes Brownと3結婚・・・1997に離婚・・・2001年にはシンガーWilliam McDowellと4度めの結婚・・・1962年に生まれた長男Jimmy Newman, Jr. が36歳で他界した・・・

 

1996年にはGladys Knight & the Pipsとして「Rock and Roll Hall of Fame」に殿堂入りしている!

 

Knightは1997年に「The Church of Jesus Christ of Latter-day Saints」に仲間入りし、クワイヤーSaints Unified Voices を作りゴスペルコーラスのリードボーカルとして活動を始めた・・・

 

1998年にはソロアルバム「Many Different Roads 」をリリース・・・

 

2001年にリリースの「 At Last 」は「Best Traditional R&B Vocal Album」部門でGrammy Award 受賞!

 

2004年にはRay Charles とのコラボにより「 Best Gospel Performance」部門で「Heaven Help Us All」がGrammyを受賞した!

 

そして2005年に「One Voice 」をリリースし、2005年「 Best Gospel Choir Or Chorus Album」部門でGladys Knight & The Saints Unified Voices がGrammy Awardを受賞・・・

Gladys Knight & the Pips としては同年に「Most successful act in The Billboard Top 40 Book of R&B and Hip-Hop Hits」部門で受賞する!

 

Pipsの Edward Pattenは2005年に糖尿病からの合併症を患いこの世を去った・・・ 

 

2006年にはアルバム「Before Me 」・・・同年にクリスマスアルバム「A Christmas Celebration (with Saints Unified Voices)」をリリース!

また、同年に Gladys Knight & the Pipsとしてブラックミュージックの祭典であるApollo Theater's Hall Of Fameに姿を表している!! http://www.apollotheater.com/

 

2008年にKnightはJohnny Mathis とのデュエットでMathisのアルバム「A Night to Remember 」に参加している!

 

 2008年 KnightはNew Yorkの Radio City Hallで行われたChaka KhanPatti LabelleDiana Ross らの大御所と共演のチャリティーコンサート「Divas with Heart」に登場した!

 

同年に俳優 Robert Downey Jr.、Jack Black、Ben Stillerらとチャリティー活動を行っている!

 

[ Comment <1> ] [ Trackback <0> ] [ top↑ ]

Soul/R&B<E-G>Glenn Jones (グレン・ジョーンズ)

09/08/2009

turn01.jpg

 

Glenn Jones (グレン・ジョーンズ/1962年 Florida州 Jacksonville生れ)

 

70年代にフィラデルフィアで活動したThe Modulations (モデュレーションズ)で 1978年にはメンバーとして「With a Made up Mind」が Savoyらかリリースされ、1980年には GLENN JONES&MODULATIONSとして、ゴスペルアルバム「Feel the Fire」(Savoy)をリリースし、ゴスペルミュージックシーンで活動・・・

 

Gospelシンガー出身の彼はNorman Connors のサポートにより1980年からR&Bシンガーとしての道を歩き始める・・・ Norman Connorsが彼のアルバムに参加したのが最初のきっかけとなり、JonesはConnorsとツアーにでかけ、1983年にRCAとの契約を果たす!・・・そして同年にEP(5トラック)「Everybody Loves a Winner(リンクCDはFinesseも収録) 」をリリースした!

 アルバムからのシングル「I Am Somebody」はゴスペル出身とは思えぬダンサブルな乗りでR&Bチャートで30位、Keep On Doin'がR&Bチャート51位をマーク!

  翌年1984年にはLPアルバム「Finesse (リンクCDは「Everybody Loves a Winner」も収録」をリリースし、ファーストシングル「Show Me」は歌唱力を発揮する熱唱でR&Bチャートで堂々の3位をマークし、彼の名を世に知らしめる作品となったといっても過言ではない!・・・セカンドシングル「Bring Back Your Love」が同チャートで18位をマーク、「Everlasting Love」はR&B 85位をマークし、自身初のアルバムチャート入りでR&B 18位の成功を収めた!

 

1986年にはアルバム「TAKE IT FROM ME 」をリリース!・・・タイトルトラックの「Take It From Me」は1986年の映画「Youngblood(栄光のエンブレム )」で使われ、「Giving Myself to You」でR&Bチャート19位、「Stay」は R&Bチャート69位をマークするも、アルバムはR&Bチャートで45位と前アルバムから大きく順位を落とし、 RCAで最後のアルバムとなった!

 

1987年にはJiveへと移籍し、リードシングル「We've Only Just Begun」がR&Bチャート2位をマーク!・・・初のHot100入りで66位をマークした!!

同年にリリースされたセルフタイトルアルバム「Glenn Jones 」からのシングル「Oh Girl」がR&Bチャート38位、「Living in the Limelight」がR&Bチャート34位をマークしアルバムチャーではR&Bチャート16位、Billbord200入りの94位をマークした!

 

1990年にはJiveでの最後のアルバムとなる「All for You 」をリリースし、シングル「Can We Try Again」がR&Bチャート47位、「Stay」がR&B 6位をマークし、R&Bアルバムチャートで 27位をマークするが、Billbord200入りは果たせなかった・・・

 

1992年にはAtlantic Recordsに移籍し同年にアルバム「Here I Go Again 」をリリース!・・・シングル「Good Thang」はR&Bチャート60位、タイトルトラック「Here I Go Again 」はR&Bチャート1位の座に着いた!!・・・「I've Been Searchin' (Nobody Like You)」はR&B 8位をマークし、アルバムはR&Bチャート22位となった!

 

 同年には「The Best of Glenn Jones 」が Jiveからリリースされている!

 

1994年のアルバム「Here I Am 」からのシングル「Here I Am」はR&Bチャート68位、「Round and Round」はR&Bチャート24をマークし、アルバムはR&Bチャート39位のマイナーヒットとなる!・・・そしてAtlanticを離れた・・・

 

 

1994  Here I Am

 

glennjones1994hereiam001.jpg 

 

 時を経た1998年には「Greatest Hits: Giving Myself to You 」が Razor & Tieからリリース・・・

同年1998年にはおよそ4年半ぶりとなるアルバム「It's Time 」をレーベル(SAR)からリリース!・・・シングル「Let It Rain」がR&Bチャート65位、「Baby Come Home」は翌年にR&B 80位をマーク!・・・アルバムはR&B 51となる!

 

 更に時を経て2002年にアルバム「Feels Good 」をレーベル(Peak Records)からリリースし、R&Bアルバムチャートで88位・・・ 後にウエディングソングの定番ともなった「From Now On」でRegina Belleと息の合った掛け合いをみせた!!(2001年Regina Belleのアルバム「This Is Regina! 」にも収録の楽曲)

 

2006年にリリースの「Forever: Timeless R&B Classics は70年台~90年台までのスローバラードの名曲集をカバーしたアルバムで (Shanachie)からのリリース!・・・アルバムはR&Bアルバムチャート49位をマークしている

 

Forever: Timeless R&B Classicsでカヴァーしたオリジナル曲まとめ ↓

① Another Sad Love Song (1993Toni Braxton :デビューアルバム「Toni Braxton 」収録のデビューシングル)

 

 

② Anniversary (1993 Tony! Toni! Tone! のアルバム「Sons of Soul 」収録)

 

 

Where Is the Love? (1972Roberta Flack & Donny Hathaway  アルバム「Roberta Flack & Donny Hathaway 」収録)

 

 

Here I Go Again (1992年Glenn Jones自身:アルバム「Here I Go Again」収録)

 

 

My First Love (1983 Rene & Angela アルバム「Rise」収録)

 

 

Reaching for the Sky (1978 Peabo Bryson :アルバムReaching For The Sky収録)

 

 

You're Sweet, You're Fine, You're Everything (1973 Tomorrow's Promise)

 

 

⑧ Show and Tell (1973 Al Wilson :アルバム「Show and Tell 」収録)

 

Signed, Sealed, Delivered (1970 Stevie Wonder :アルバム「Signed, Sealed and Delivered 」収録)

 

 

I Wish He Didn't Trust Me So Much (1985 Bobby Womack :アルバム「So Many Rivers 」収録)

 

 

[ Comment <2> ] [ Trackback <0> ] [ top↑ ]

Soul/R&B<E-G>Gina Thompson(ジーナ・トンプソン)

08/25/2009

turn01.jpg

 

Gina Thompson (ジーナ・トンプソン/本名Lugenia Thompson)New Jersey州、Vineland生れ

 

幼い頃から歌を歌い始めたGinaは高校卒業と共に、Queenとして選ばれた美貌と歌唱力を武器とし、Mercury Records(Mercury/PolyGram)と契約を果たす!

 

そして1996年にデビューアルバム「Nobody Does It Better 」をリリース! ・・・プロデューサー陣にはStevie J. 、Missy Elliott 、Bad Boy Entertainmentの代表Sean "Puffy" Combs(Puff Diddy )らを迎え、Elliott、Diddy、Craig Mack らがアルバムに参加!

 Puff Daddyプロデュースによるアルバムからのファーストシングル「Things That You Do [12 inch Analog] 」はElliottもフューチャリングされ、R&Bチャートで15位、Billboard Hot 100で41位をマークするヒットとなる!

 セカンドシングル「You Bring the Sunshine 」はプロデューサーKenneth "Babyface " Edmondsによる作品で、Hot 100で53位をマークした!( BasketballのNBAのAlbum NBA at 50: A Musical Celebration にも収録)

そして、アルバムをBillboard 200で36位へと導いた!!

 

1996  Nobody Does It Better

 

 

ginathompsonnobodydoesitbetter001.jpg 

 

 

同年1996年に ThompsonはMC Lyte ( featuring Missy Elliott and Puff Daddy)の曲「Cold Rock a Party 」でバックボーカルで参加!・・・

また、1997年のMC Lyteのアルバム「Seven & Seven 」のトラック「It's All Yours」にも参加! 1998年の映画「Why Do Fools Fall in Love」のサウンドトラック(Why Do Fools Fall In Love (1998 Film) )のタイトルトラックを(featuring: Missy Elliott、Mocha)歌い上げた!

 

Missy Elliottの1999年のセカンドアルバム「Da Real World 」にもバックボーカルとしてクレジットされた!

1999年にセカンドアルバム「If You Only Knew 」をElektra Records傘下でMissy Elliottの自己レーベルThe Goldmind Incからリリース!・・・プロダクションにはMontell Jordan を始め、ゲストにElliott、DJ Jazzy JeffBeanie Sigel などが参加! アルバムからは2枚のシングルがリリースされ、「Ya Di Ya 」では Elliottも登場し、R&Bチャート38位をマーク!・・・「Caught Up」はラッパーBeanie Sigelがゲスト参加したがチャート圏外となった・・・

 

その後自由契約として地道な活動とNew Jersey州の「Senior Corrections Officer」として働き、10年の時を経た2008年にサードアルバムとなる「Missing You 」をリリースしている!

 

HP(My Space): http://www.myspace.com/ginathompson

 

[ Comment <0> ] [ Trackback <0> ] [ top↑ ]

Soul/R&B<E-G>Gerald Levert(ジェラルド・リヴァート)

08/19/2009

turn01.jpg

 

Gerald Levert (ジェラルド・リヴァート/本名:Gerald Edward Levert)

1966年Philadelphia生れの彼は The O'Jays のリードシンガーEddie Levert の息子としてOhio州 Shaker Heightsで育ち、70年台にThe O'Jaysの活躍と共に父親と各地へ駆け巡った・・・

高校在学中の1984年には弟のSean Levert と友人のMarc Gordonの3人でR&Bトリオ「LeVert 」を結成し本格的に音楽の才能を開花させる!

そして、グループは1985年にデビューアルバム「I Get Hot」をリリース!・・・シングル「I'm Still」がR&Bチャート70位をマークし、父を彷彿させる魂の強い歌声と実力でPlatinumを獲得した!!

 

1986年のセカンドアルバム「Bloodline 」からのシングル「Pop, Pop, Pop, Pop (Goes My Mind)」はR&Bチャート1位となり、アルバムをR&Bチャート8位へと導きPlatinumとなる!

 

1987年のサードアルバム「 The Big Throwdown 」からは大ヒット曲「Casanova 」がR&Bチャート1位、Hot100で5位をマークする!・・・その他のトラック「My Forever Love」はR&Bチャート2位、「Sweet Sensation」はR&Bチャート4位をマークし、アルバムチャートR&B 3位、Billbord 200で32位をマークしPlatinumを獲得!

 

1988年のフォースアルバム「Just Coolin' 」からはシングル「Addicted to You」(R&Bチャート1位)、Pull Over(R&Bチャート2位)、 Heavy D とのコラボによるタイトルトラック「Just Coolin」(R&B 1位) 、「Gotta Get the Money」(R&B 4位)らのヒットにより、 アルバムはR&B 6位、Billbird 200で79位をマークし、Platinumを獲得する!

 

グループは1988年のSoul Train Awardsにおいて、「Favorite Band, Duo or Group Single」部門で「Cassanova」が受賞!、「Favorite Band, Duo or Group Album」部門においても「 The Big Throwdown」でWinnerとなった!

 

さて、ソロとしての活動は1988年にシングル「That's What Love Is」(Miki Howard の1988年アルバム「Love Confessions 」に収録)をリリースしMiki HowardとのデュエットでR&Bチャート4位をマーク!

 

1990にはLevertの5枚目のアルバム「Rope a Dope Style 」をリリースし、タイトルトラック「Rope A Dope Style」(R&B 7位)、 「All Season」(R&B 4位)、 「Baby I'm Ready」 (R&B 1位)をマークしたがアルバムはステータスを逃した(R&B 9位、Billbord 200で122位)・・・

 

Levertは本格的にソロ活動を指導させ、1991年にソロアルバム「Private Line 」をリリースし、シングル「Private Line」はR&Bチャート1位、アルバムもR&BチャートでTopの座を得た!・・・その他のシングル「School Me」はR&Bチャート3位、「Can You Handle It」はR&Bチャート9位をマークする!

 

 

1991  Private Line

 

geraldlevert1991privateline002.jpg 

 

 翌年1992年には父Eddie Levertとのデュエットでシングル「Baby Hold On to Me」がR&Bチャー1位、Hot100で37位をマーク!

 

さて、一方で、オハイオ州のClevelandをベースとするの若手グループの発掘を行い、The Rude Boys(1990年デビュー)、 Men at Large (1992年デビュー)、1 of the Girls(1993年デビュー)らをデビューへと導いた!

 

 また、1993年にはLevertの6枚目のアルバムとなる「For Real Tho' 」をリリースし、シングル「ABC-123」がR&Bチャート5位をマークし、アルバムはR&Bチャート5位、Billbord 200で35位をマークする!

 

1994年にはソロセカンドアルバム「Groove On 」 をリリース!・・・アルバムからのシングルは同年に「I'd Give Anything」がR&Bチャート4位、Hot100 28位、翌年びは「Answering Service」がR&Bチャート12位、 「Can't Help Myself」R&B 17位、「How Many Times」R&B 55位をマーク!

 

 

1994   Groove On

 

geraldlevert1994grooveon003.jpg 

 

1995年にはSr. Gerald Levert & Eddie Levert として父とのコラボアルバム「 Father and Son 」をリリース!・・・シングル「Already Missing You」 (R&B 7位, Hot100 75位)、「Wind Beneath My Wings」 (R&B 30位)のヒットを生んだ!

 

 一方、1997年にLevertはKeith SweatJohnny Gill の3人でスーパーシンガートリオ「LSG 」を結成 !・・・同年にEast West Recordsからアルバム「Levert Sweat Gill 」をリリースし、ゲストにThe LoxFaith EvansCokoMissy ElliottLL Cool JBusta RhymesMC LyteJazze Pha 達が参加!・・・シングル「My Body」はR&Bチャート1位、Hot100で4位をマークしアルバムはR&Bチャート2位、Billbord200で4位をマークし、2x Platinumを獲得する!!

 

 1997年にはLevertとして7枚目のアルバム「Whole Scenario 」をリリースし (R&B 10位、Billbord 200で49位をマークしたが、シングルヒットには恵まれなかった・・・

 

 

1997  Whole Scenario

 

levert1997thewholescenario001.jpg 

 

1998年のアルバム「 Love & Consequences 」からのヒットシングル「Thinkin' Bout It」 (R&B 2位, Hot100 12位) や、「Taking Everything」 (#3 R&B, #11 Pop)が生まれた!

 

2000年のアルバム「 G 」からは「Nothin' to Somethin」(R&B 55位) 、「Baby U Are」 (R&B31位、Hot100 89位)、 「Mr. Too Damn Good」 (R&B 20位、Hot100 76位) のヒットを呼んだ!

 

 

2000  G

geraldlevert2000g001.jpg 

 

同年には コメディアンChris Rockのコメディーアルバム「Bigger & Blacker 」のNo Sex (In the Champagne Room)でコーラス参加している!

 

2001年のアルバム「Gerald's World 」では「Dream With No Love」 (R&B 84位)、「Made To Love Ya」 (R&B 37位)、「What Makes It Good To You (No Premature Lovin')」 (R&B 66位) !

 

2002年のアルバム「The G Spot」からのシングル「Funny」は (R&B 37位)、「Closure」 (R&B 57位) 2003年のアルバム「A Stroke of Genius」から「U Got That Love (Call It a Night)」(R&B 30位)、「Wear It Out」 (R&B 58位)!

 

同年にはLSGとしてのセカンドアルバム「LSG2 」をリリースし、R&Bチャート3位、Billbord200で位をマークする!

 

2004年 「Do I Speak for the World 」からは「One Million Times」 (R&B 56位)、So What (If You Got a Baby)" (R&B49位) をマーク!

 

 同年にはTeena Marie のアルバム「La Dona」のトラック「A Rose by Any Other Name」でTeenaとのデュエット!

 

 2005年、10枚目のアルバム「Voices 」は他のアーティストとのデュエット集を収録!

 

2006年にはピアニスト Jim Brickman のアルバム「Escape 」のトラック「My Angel」で共演している・・・ また、Gerald はBarry WhiteKeith SweatStephanie MillsTeddy PendergrassJames IngramJohnny GillPatti LaBelleThe WinansYolanda AdamsThe O'Jay などの楽曲を手がけプロデューサーとしての多才な才能も発揮した!!

 

 そして、Levertの再結成の計画が叶わぬままGerald Levertは2006年11月にベッドで死亡しているのをいとこに発見され、死因は心臓発作と報じられる・・・はずか40歳だった・・・(Geraldは未婚のまま生涯を過ごしたが、4人の子供がいる)

しかし、2007年2月に2007年2月に検死報告された内容は、処方薬と一般医薬品の組合せに起因で、肺炎もわずらっていた事も分かり、死因は急性中毒という結論に至っている!

 

 生前にアルバムのレコーディングが終了・・・2007年2月にラストアルバムとなる「In My Songs 」がリリースされた!・・・シングルでは「In My Songs」R&B 21位)、「DJ Don't」 (R&B 31位)をマーク!同年BET Awardsにおいて 「BET J Cool Like Dat」部門で Winnerとなる!

翌年2008年のGrammy Awardsにおいては「Best Traditional R&B Performance」部門で「In My Songs」を受賞! Image Awards でも「Best Duo or Group」部門で Gerald Levert & Eddie LevertがWinnerとなった!!

 

 2007年6月にはEddieとのコラボによる本が「I Got Your Back: A Father and Son Keep it Real About Love, Fatherhood, Family, and Friendship 」が出版されている!

 

同年にGerald & Eddie Levert名義でのアルバム「Something to Talk About 」がリリースされ、全米でおよそ7万枚を売り上げた!

 

Levertの再結成計画はGerald 亡き後も進んだ・・・Geraldが見出したCleveland出身のグループ「The Rude Boys」のメンバーである Dwight Thompsonを迎えるが、ニューアルバム「Dedication」レコーディングの前にDwight Thompsonが、 The Rude Boysに戻り、Clevelandの地元グループ「Who'z Who」のシンガーBlaq Rose(Roosevelt "Blaq Rose" Griffin)を迎えた!

 ★(Roosevelt "Blaq Rose" Griffin)プロフィール★ プロデューサーとしても活躍し、3枚のPlatinumアルバムと2枚のGoldアルバムを手がけている! Bass guitar、Guitar、Drums、Pianoの演奏もこなす! (Essence of Soul 収録)

 

 

2008年にSean Levertは、子供の養育費の未払いのために1年の求刑を受けて監獄入りとなり、そして3月にオハイオ州のCuyahogaにある刑務所で囚役・・・そして服役中に高血圧、心臓病、糖尿病などの合併症により、39歳の命に終止符を打った・・・

 

LeVert兄弟亡き現在、残されたオリジナルメンバーのMarc Gordonと新メンバーのBlaq Roseの新ユニットがLeVertⅡとしてNew Albumを引っさげて帰って来る日は近いようだ!

 

HP: http://levertii.ning.com/

 

[ Comment <0> ] [ Trackback <0> ] [ top↑ ]

Soul/R&B<E-G>GUY(ガイ)

08/11/2009

turnsoul.jpeg


Guy (ガイ)は1987年にNew York、Harlem(ハーレム) の音楽家でプロデューサーのTeddy Riley\(テディー・ライリー)により結成され、New jack swing(ニュー・ジャック・スイング)というR&BとHIP-HOP融合させた新しいスタイルを確立した(アメリカでは「New Jack R&B」 とか「Swingbeat」とも呼ばれる)!!

 

さて、Teddy Riley(1967年NY州、Harlem生まれ)とTimmy Gatlingは地元NYのHarlemで育ち、Clurel Hendersonと3人でグループ「Kids At Work」で活動!・・・ 1984年にはセルフタイトルアルバム「Kids At Work」をリリースする!

 

80年代中期にRileyはHip Hopを基盤としたプロデューサーとして才能を開花させ始め、 Rileyが17歳の時には「Kool Moe Dee 」のシングル「Go See the Doctor」を手がけ、1986年にBillboard Hot 100で89位のヒットを生んだ!!

 

そしてRileyとGatlingはリードボーカリストとしてAaron Hall (1964年New York州、Bronx生まれ)を迎え、1987年にグループを結成・・・これがGUYの誕生となる!

 

RileyはGuyとしての曲作りを進める一方で、1987年のKeith Sweat のデビューアルバム「Make It Last Forever 」にプロデューサーとして貢献し、「I Want Her 」をHot100 で5位、R&Bチャート1位、「Make It Last Forever」をHot100 59位、R&Bチャート2位へと導く!

 また、Johnny Kemp の1988年「Just Got Paid 」(1987年アルバム「Secrets of Flying 」収録)を手がけ、 Hot100 で10位、R&Bチャートで1位、Danceチャートでも1位! そして、1998年にはマネージャーのGene Griffinを通してGUYはUptown Recordsと契約を果たした!!


そして、GuyのオリジナルメンバーTeddy Riley\Aaron Hall\(アーロン・ホール)、Timmy Gatling\(ティミー・ガトリング)の3人で活動を始め、1988年にデビューアルバム「Guy 」を発表!!

 

しかし、レコーディングの後にGatlingはグループを去り、 Aaronの弟のDamion Hall(1968年New York州、Bronx生まれ)を新メンバーに迎え、New Edition と共にプロモーションのツアーに出かける!

 

1988 Guy

guy1988guy001.jpg 

 

シングルヒットは「Groove MeはBillbordにおいてR&Bチャート4位 、 「Teddy's Jam 」R&B5位  、「I Like 」はHot100 70位、R&B 2位をマーク!、 「Spend the Night」はR&B 15位、 「Round and Round(Merry-Go-Round of Love)」はR&Bチャート24位などのヒットにより、アルバムは3xPlatinum (プラチナム)を獲得する!!

  

1989  I Like (12"Single)
MCA Records(Universal City,CA)

 guyilike.jpg

 

また、同年1989年にはSpike Lee 監督による映画 「Do The Right Thing(ドゥ・ザ・ライト・シング )」 のサントラ「Do the Right Thing 」においてシングル「My Fantasy」がR&Bチャート1位をマーク!!

 グループの人気は級加速し、1989年10月には来日公演が行なわれた!!

 1989年10月リリースBobby Brown の「My Prerogative 」ではTeddy Rileyがソングライターとして参加しシングルをBillboard Hot 100 1位、R&Bチャート1位へと導く!(人気プロデューサーとしてNew Edition\など多くのアーティストのプロデューサーとして活躍する!!)

 

1990年には待望のセカンドアルバム「The Future\」を発表!!このアルバムもプラチナムを獲得し、シングル「I Wanna Get with U 」はHot100で50位、R&Bチャート4位、 「Let's Chill 」Hot100で40位、R&Bチャート3位をマーク・・・その他のシングルでは「Do Me Right (Featuring Heavy D )」がR&B 2位、「D-O-G Me Out」はR&B 8位、「Let's Stay Together」はR&B 16位などのヒットを生み、アルバムはPlatinumを獲得した!

 

 

1990 The Future

 

guy1990thefuture002.jpg 

 

 

セカンドアルバム発表後の1991年の来日公演は前座にEn Vogue\を迎え、再び来日!!

 

1990年のKeith Sweatとの親交は深く、セカンドアルバム「I'll Give All My Love to You 」、1991年のサードアルバム「Keep It Comin' 」も手がける・・・

 

1991年のMario Van Peeblesによる映画「 New Jack City(ニュー・ジャック・シティ )」のサントラ「New Jack City 」で主題歌「New Jack City」で参加!

 

 マネージャーとの対立によりアルバムのプロモーションは1991にピリオドが打たれたグループは解散・・その後Rileyはプロデューサーとして活躍をメインに続けた後、1992年にChauncey Hannibal、Eric Williams、 Mark Middleton 達とグループ「Blackstreet\」を結成・・・

 

一方のAaronとDamionはそれぞれソロとしての活動を始める・・・

 ★それぞれの詳細はこちらをご覧ください↓

●Blackstreet http://umasoul.blog81.fc2.com/blog-entry-461.html

●Damion Hall  http://umasoul.blog81.fc2.com/blog-entry-494.html

●Aaron Hall http://umasoul.blog81.fc2.com/blog-entry-442.html

 

時を経て2000に再結成によりサードアルバムとなる「Guy III 」をリリース!・・・シングルヒットは「Dancin」がHot100で22位、R&Bチャートで4位をマークしたが、以降のシングルヒットは「Why You Wanna Keep Me From My Baby」がR&Bチャート50位に終わり、以前のような勢いは感じられず再び沈黙が続いた・・・

 

 

2000 Guy III

guy2000guy3003.jpg 

 

 

2002年にはベストアルバム「Groove Me: The Very Best of Guy

2004年「20th Century Masters - The Millennium Collection: The Best of Guy 」がリリースされた・・・

 

2006年にはTeddy Rileyのプロデュースにより「New Jack Reunion Tour」が行われ、新ユニットで再構成されたBlackstreetTony! Toni! Tone! After 7New EditionSWV らがラインナップされ熱いステージを繰り広げた!!

 

 

[ Comment <1> ] [ Trackback <0> ] [ top↑ ]
PROFILE

Thank you for visiting!

After9

After9

ウマソウル管理人 After9(アフター・ナイン) ★1964神奈川県産→18で上京→27で渡米→現在は東京都在 /趣味:飲み食い、音楽鑑賞:Black Music(Soul,R&B,Funk)、ドラム演奏、西洋アンティーク家具&雑貨収集、古いもの好きで愛車2台もクラシックな53歳の英国車と26歳のアメ車・・・

MAIN MENU

 


____________________________

<ブログ内 料理別検索>


 

<ブログ内キーワード検索>

 

LET'S EAT !

<ウマい!お取り寄せ>

北海道

 

タラバガニ


エゾバフンウニ


虎杖浜 たらこ


いくら醤油漬け


活ホタテ貝


厚岸 殻かき



____________________

東北

 

大間 本まぐろ


三陸海宝漬(中村家)


気仙沼 ふかひれ姿煮


厚切り芯たん
(伊達の牛タン本舗)

____________________

北陸

 

永平寺ごま豆腐


とり野菜みそ(まつや)


小鯛のささ漬け

____________________

関東

 

宇都宮餃子会


水戸納豆(天狗納豆)


湘南 釜揚げしらす


葉山牛しぐれ煮


天然三崎のまぐろ
(三崎港シー・ユニオン)


プティ・フール・サレ
(鎌倉レ・ザンジュ)


生しらす

____________________

中部

 

金目鯛味噌漬け


駿河湾 生桜えび


うなぎ蒲焼
(浜名湖 山吹)


ドイツソーセージ(腸詰屋)


ひつまぶし(しら河)


味噌煮込みうどん


元祖手羽先唐揚(風来坊)

____________________

近畿

 

丹波栗 銀寄


平宗 柿の葉寿司


神戸牛


神戸ワインマスタード

____________________

四国

 

トロ鰹のたたき


手打ち讃岐うどん

____________________

中国

 

天然焼あなご(志ほや)


下関とらふぐ(関とら)

____________________

九州

 

水たき(博多華味鳥)


家庭用明太子
(味の明太子ふくや)


極上とうふ 佐嘉おぼろ
(佐嘉平川屋)


とらふぐ生茶漬け(ふく太郎)


馬刺し


宮崎 鶏の炭火焼


宮崎 パイン牛 ユッケ


鹿児島 さつま揚げ
(高浜蒲鉾)


紅はるか


沖縄そば
(サン食品)

____________________

 

自家製ユッケジャンスープ
(ソウル市場)


ポッサムキムチ
(コリアタウンキムチ亭)


万能の素
(ハンおばさん手作り)

____________________

 

台湾 小籠包
京鼎樓(ジンディンロウ)


台湾 腸詰

____________________

 

明蝦巻(耀盛號)


横浜中華街(聘珍樓)


焼売(同發)


叉焼

____________________

 

インドカレー(アジャンタ)

____________________

 

活オマールロブスター


カナディアン ローストビーフ

____________________

 

BLUE MOON
(ブルームーン)


Buffalo Wings
(バッファロー・ウィング)


USDA Ribeye Steak
(リブアイステーキ)


Baby Back Ribs
(ベイビーバックリブ)


NewYork cheesecake
(ニューヨーク・チーズケーキ)


NOBLE HANDCRAFTED
ノーブル ハンドクラフテッド

____________________

 

Chorizo(チョリソー)
(EL AMIGO/エル・アミーゴ)


CHOLULA Hot souce
(チョルーラ・ホットース)


プレミアムテキーラ
(クエルボ1800)

____________________

 

オーシャンビーフ


フレンチラムラック

____________________

 

スモークサーモン


マヌカハニー

____________________

 

ロティサリーチキン




エスカルゴ ア・ラ・ブルギニヨン
(ブルゴーニュ産)


マグレ・カナール・セッシェ


フォアグラ・ド・オァ

____________________

 

パルミジャーノレッジャーノ
(ザネッティ社)


パルマ産プロシュット


カチャトーレDOP(レボーニ社)


アランチーニ


ナポリピッツァ

 

LET'S GROOVE !

 

<アメリカのRADIOを聴こう♪>

 

Los Angeles,CA
Old School Soul,R&B,Rado
102.3 Radio Free KJLH

 

Wilmington,NC
Classic Soul,R&B Radio
Jammin 99.9

 

Old School Soul,Funk Live
Zmix97
_________________________

<Get a Funky Music>

 

SOUL・R&B by Amazon

 

LET'S TAKE A TRIP !

 

トリップアドバイザー


一休.com


Hotels.com


JAL 日本航空
JAL 日本航空

海外WiFiレンタル
GLOBAL WiFi

 

LINK


After9が参加しているサイト↓


にほんブログ村 
ブログランキング・にほんブログ村へ


PINGOO!メモリーボード 
PINGOO!メモリーボードへ


4Travel(フォートラベル)


30min


Tripadviser(トリップアドバイザー)


tabelog(食べログ)


Google+

<ACCESS MAP>
Thank you for your visit!