Funk<A-B>Bar-Kays(バーケイズ)

04/01/2012

turnfunk.jpeg

 Bar Kays (バー・ケイズ)はTennessee州、Memphisで結成当初の1966年に好みのラム酒のブランド「Bacardi」をグループ名として、 Jimmy King(ギター)、Phalon Jones(サックス)、Carl Cunningham(ドラム)、Ben Cauley(トランペット)、Ronnie Caldwell(オルガン)、James Alexander(ベース)の6人で結成し地元Memphisで評判となり、スタックス(Stax/Volt Records)の目にとまり1967年始めに契約・・・レーベルの抱える人気バンドで、Isaac Hayes率いる「The Mar-Keys (and Booker T. & the MG's )」の第二スタジオバンドとして、レーベルにより、 Mar-Keys にちなんだ「Bar-Kays」と改名される!

 そして、同年(1967)春にはBar-Kaysとして「Soul Finger 」をリリース!・・・ファーストシングルは子供達を集め、タイトル「Soul Finger」のタイトルフレーズを歌わせた楽しくファンキーに仕上がったinstrumental(インスト)でHot100で突然の20位入りの17位、R&Bチャートで3位をマークし一躍グループは人気グループとなった!

 

 1967 Soul Finger

soul_finger1967.jpg

 

 

 *1967年、セカンドシングル「Give Everybody Some」は Hot100入りの91位、R&Bチャート36位! 同年アルバムからのシングル「Knucklehead」でHot100で76位、R&Bチャート28位をマークした!

 この成功で、プロデューサーAllen Jonesの目にとまり彼らのマネージャーとなり、そして、夏にはOtis Reddingの専属バックバンドとして活動を始めた!

 しかし・・・1967年12月に彼らに悲劇が訪れた・・・Otis Redding 、Reddingのマネージャー、そしてBar-Kaysのメンバー5人、 Ben Cauley(トランペット)、 Jimmy King (ギター)、Ronnie Caldwell (オルガン)、 Phalon Jones (サックス)、Carl Cunningham (ドラム) の7人(パイロット含め8人)を乗せたチャーター機は Wisconsin州、Madisonへ向かう途中のLake Mononaで墜落・・・しかし、Ben Cauley(トランペット)はただ一人だけ奇跡的に生き残こり、そしてJames Alexander(ベース)は別の飛行機に乗っていた為に事故から逃れた・・・ 皮肉にもThe Beatles のカバー曲 「A Hard Day's Night」がオリジナルメンバーによる最後のリリースとなったがヒットには遠く及ばなかった・・・

 

プロデューサーでマネージャーのAllen Jonesによりサポートよって共に生き残ったメンバー Cauleyと Alexanderは新Bar-Kaysの再建の為に新メンバー、 Harvey Henderson(サックス)、Michael Toles(ギター)、 Ronnie Gorden(オルガン)、Roy Cunningham と Willie Hall(ドラム)らを向かえ、オリジナルと同じ楽器構成でバンド活動を再開!・・・ Staxにおいて、Isaac Hayes のバックアーティストとして1969年の作品「Hot Buttered Soul」を収録する!

 

 1969年にはアルバム「Gotta Groove」をリリース・・・アルバムはR&Bチャートで40位をマークするが、大きなヒットには恵まれず、1970年にドラマーCunninghamとキーボードGordonはグループを去った・・・そして新しいキーボード奏者にはWinston Stewartを迎えた!

そして1971年にアルバム「 Black Rock」をリリース!・・・アルバムはBillboard200で90位、R&Bチャートで12位をマーク!・・・ インストグループとしてデビュー以来、Bar-Kaysとして初となるボーカリスト「Larry Dodson」を向かえ、 Sly & the Family Stone や FunkadelicのようなPsychedelic-Funk(サイケデリック・ファンク)を取り入れた!

(*現在販売されているCDは2つのアルバムがコンプリートされています!Black Rock/Gotta Groove

 

1971年の映画「Shaft(黒いジャガー [DVD] )」でIsaac Hayesの サウンドトラックのヒット作「Shaft: Music From The Soundtrack (1971 Film) 」に参加したの後、Cauley と Tolesの2人はバックバンドとしてそのままm残留・・・彼らの代わりに Charles "Scoop" Allen(トランペット)とVernon Burch(ギター)を迎えた!

 

 新しいメンバーにより彼らのサウンドは完全にFunk方向にシフトしたバンドとなり、1972年には「Do You See What I See? 」をリリースしR&Bアルバムチャート45位をマーク! アルバムからのマイナーヒット「Copy Cat」、そして「Soul Finger」以来2度目のR&BチャートTOP 10入り(Hot100 で53位)した「Son of Shaft」で快進撃をみせた!

 

同年夏(1972年8月20日)に 「黒人のWoodstock」とも呼ばれたWattstaxがLAのメモリアム・コロシアムで開催・・・72年のL.Aのワッツ地区で勃発した暴動のメモリアルイベントで、 Stax Recordsその所属のアーティストが繰り広げる野外コンサートイベントにBar-Kaysも出演!→(ワッツタックス/スタックス・コンサート [DVD] ) Wattstaxの3ディスクCD→「Wattstax

 

1973年にはギターリストBurch がグループを離れ、新メンバーLloyd Smith(ギター) を起用!・・・新ドラマーにはMichael Beard、そしてトロンボーンのFrank Thompsonが新たに加わった

 

1974年には「Coldblooded」 をリリースするが経営不調なStaxでのプロモートは不十分・・・商業的なヒットは得られないまま、Stax/Voltは経営不調により、1975年の最終的な破産へと向かった・・・

 

1974 Cold blooded

Stax Records(Berkeley,CA)

20061125212810.jpg

 

そして、Bar-Kaysは1976年にMercuryと契約!・・・彼らの成功への第一歩が始まった! 1976年、Mercuryからのデビューアルバム「Too Hot to Stop 」では彼ら自身でほとんどの曲を書き、シンセサイザーを多様!・・・シングル「Shake Your Rump to the Funk」がHot100で23位、R&Bチャート5位をマーク!!・・・「Spellbound」はR&Bチャート29位!、「Too Hot To Stop (Pt. 1)」はHot100で74位、R&Bチャート8位をマーク!・・・アルバムをBillboard200で69位、R&Bチャートで8位へと導き、アルバムは50万枚以上を売上げ、彼らの初となるGoldを獲得する!

 

1976年~77年にはGeorge Clinton 率いる Parliament の「Live: P-Funk Earth Tour 」でオープニングを飾り、Funkバンドとしての存在をアピールした!

 

続く1977年の「Flying High on Your Love 」は初のGoldディスク獲得のアルバムとなり、Billboard200で47位、R&Bチャートで7位をマーク!・・・シングル「Attitudes」はR&Bチャート22位、「Let's Have Some Fun」では R&Bチャート11位をマークした!

 

 

1977 Flying High on Your Love

Phonogram Inc(New York,NY)

20061125213412.jpg

 

翌年の1978年にはStaxにおいて未発表であった作品をまとめた「Money Talks 」がリリースされBillboard200で72位、R&Bチャートで21位!・・・シングル「Holy Ghost」でR&Bチャート9位をマーク!

 

そして新たに、パーカッションSherman Guy とキーボードMark Bynum が加わり新たな快進撃が続く・・・ この時点でのメンバーは、Larry Dodson(リードボーカル)、James Alexander(ベース)、Lloyd Smith(ギター)、Michael Beard(ドラム)、Charles Allen(トランペット)、 Frank Thompson(トロンボーン)、Harvey Henderson(サックス)、Mark Bynum(キーボード/ボーカル)、Winston Stewart(リードキーボード)、 Sherman Guy(パーカッション/ボーカル)の10人構成!

 

そして、1979年には「Light of Life」をリリースしアルバムはBillboard200で86位、R&Bチャートで15位をマーク!・・・シングル「Are You Being Real」はR&Bチャート61位、「I'll Dance」はR&B 26位、「Shine」は R&B 14位をマークする!・・・立て続けにLPのリリースが続く!!

 

 

1978 Light Of Life

Phonogram Inc(New York,NY)

20061125213932.jpg

 

1979年のアルバム 「Injoy 」はBillboard200で35位、R&Bチャートで2位をマークしGoldを獲得!・・・シングル「Move Your Boogie Body」でHot100の57位、R&Bで3位、Club Playで90位をマーク!・・・「Today Is The Day」はHot100で60位、R&B 25位をマーク!

 

1980年、アルバム「 As One」は Billboard200で57位、R&Bチャートで6位をマーク!・・・比較的にメローに仕上がったアルバムだが、ダンサブルナナンバーノシングル「Boogie Body Land 」でR&B 7位、Club Play 73位、「Body Fever」はR&Bチャート42位をマークした!

 

 

1980  As One

Phonogram Inc(New York,NY)

20061125214145.jpg

 

1981年のアルバム「 Nightcruising 」ではBillboard200で55位、R&Bチャートで6位をマークし3度目のGoldを獲得!・・・シングル「Hit and Run」はR&B 5位、そしてまるでRick James を思わせる「Freaky Behavior」はR&B 27位、Club Play 60位をマーク!・・・彼らの楽曲に”パクリ”が多いと言えばそれまでだが、それを自分達のものにし、Bar-Kaysワールドにしてしまうのが彼らの武器となっていた!

 

 

1982年のアルバム 「Propositions 」はBillboard200で51位、R&Bチャートで9位をマーク!・・・「シングル「Do It (Let Me See You Shake)」がR&Bチャート9位!・・・Sexyな女性のヴォイスを武器とした「She Talks to Me With Her Body」はR&B 13位、Club Playチャートで62位をマークし、アルバムをGoldディスクへ導いた!

 

 

1982  Propositions

PolyGram Records(New York,NY)

20061125214334.jpg

 

1983年にはパーカッションの Sherman Guy とトランペッター Charles Allenの2人は新たなサウンドを求めてグループを離れた・・・

 

1984には 「Dangerous」をリリースしヒット作となる!・・・Midnight Star ファンである僕もさすがに驚きの1983年のヒット曲「No Parking on the Dance Floor 」そっくりの「Freakshow on the Dancefloor」はHot100 73位でPlatinumを獲得!・・・1984年の映画「Breakdance」のサウンドトラックにも収録された!・・・Michael Jackson の「Billie Jean 」に類似されたシングル「Dirty Dancer」はR&Bチャート17位、「Sex-O-Matic」はR&B12位をマーク!・・・訴えられても不思議ではないデンジャラスなアルバムはBillboard200 で52位、R&Bチャート7位をマーク!

 

1984 Dangerous

PolyGram Records(New York,NY)

20061125214758.jpg

 

 1985年 「Banging the Wall」は Billboard200で 115位、R&Bチャート11位と売り上げを落とす・・・シングル「Your Place or Mine」は R&Bチャート12位、Club Playで 44位・・・タイトルトラック「Banging the Wall」はR&B 67位に止まった・・・ 時代の流れと共に彼らの音楽は流行から外れ、ヒットチャートから遠ざかっていったが、1986年 9月に渋谷LIVE INNで熱いステージをみせてくれた!

 

1985  Banging The wall

PolyGram Records(New York,NY)

20061125215050.jpg 

 

 Mercury Recordsの業績の悪化・・・そしてコンピューターによる打ち込み技術が主流となる時代背景で、もはや古い大所帯のバンドスタイルで同レーベルのCon Funk Shunも1986年に解散・・・Bar-Kaysのメンバー達も今後の進路に思い悩んでいた・・・遂に、1987年にメンバーは Larry Dodson、 Harvey Henderson、 Winston Stewartの3人となった!!

 

そして、Staxでのデビューから彼らを育て上げ、彼らを全面的に支えつづけてきたプロデューサーでマネージャーの Allen Jonesが同年5月に心臓発作で新アルバム完成目前にこの世を去った・・・ほとんどの曲は今まで通りにAllen Jonesによってプロデュースされたが、「Certified True」と「Don't Hang Up」の2曲はプロデューサー R.J. "the Wiz" Riceによって製作されアルバムが完成し、 10月には「Contagious 」がリリース!・・・アルバムはBillboard 200 110位、R&Bチャート25位・・・シングルヒットは「Certified True 」が彼らにとって最後のTop10入りで R&B 9位にチャート入り !・・・正式にメンバーを離れたギターリストのLloyd SmithもLPに貢献し、ジャケットを飾り、Frank ThompsonとMark Bynumは同士「friends」としてクレジットされた!

 

1987  Contagious

PolyGram Records(New York,NY)

20061125215304.jpg

 

そして1988年、アルバム「Animal 」のリリース!・・・トラック「Just Like A Teeter-Totter」にはco-プロデューサーに、何と Sly Stone を迎え、R&Bチャートで36位・・・シングルは「1Struck by You」がR&Bチャートで 11位をマークしたが、他のヒットは生まれず・・・ Mercuryでの契約に終止符を打った!・・・ 

 

1989  Animal

PolyGram Records(New York,NY)

20061125215435.jpg

 

 レコード契約の無いまま、彼らは精力的にLive活動を続けた!(同年1988年の10に再び来日(渋谷LIVE INN)予定であったが残念ながら急遽中止となった・・・)

同年にはStaxからベストアルバム「The Best of the Bar-Kays 」がリリースされている

 

! The Bar-Kays は80年代にR&B、Funk界に息を吹きかけ続けてきたが、1991年にグループは再構成・・・Alexanderがただ一人のオリジナルメンバーとなった・・・

 

1993年にはアルバムThe Best of Bar-Kays がMercuryからリリースされ、 Top R&Bアルバムチャート80位をマーク!


1993  
The Best of Bar-Kays 

bestobbarkays001.jpg 

 

 そして、元リードボーカルLarry Dodsonが復帰し、オリジナルメンバーのべーシストJames Alexanderのコンビで再びBar-Kaysとして新しいメンバーと共に、Zoo Recordsからシングル「Put A Little Nasty On It」をリリースする!

 MemphisのマイナーレーベルBasixからショートライブアルバム1994年「48 Hours 」をリリース!
シングル「Slide」は R&Bチャート82位、「Mega Mix」が96位をマークした!

 

1996年にはCurb Recordsと契約し、シングル「Everybody Wants That Love 」をリリース!「The Best Of 」がマイナーレーベルからリリースされ、48 Hoursからのトラック「Slide」、Staxの大御所Luther Ingram のカバー「(If Loving You Is Wrong) I Don't Want to Be Right 」も含む!

 

1996年「The Best of Bar-Kays, Vol. 2 」はMercuryからリリースされたベストアルバム!

 

*(また、ベーシストAlexanderの息子Phalon Jazze Pha (ジャジー・フェイ)Alexander はプロデューサー、ソングライターとしてLevert, Keith Sweat、 Johnny Gill が集結したグループ「LSG 」の1997年のファーストアルバム「Levert Sweat Gill 」でトラック「Let a Playa Get His Freak On」を手がけプロデューサー・デビュー!・・・ レーベル「Sho Nuff Records」を設立し、NellyLil' WayneT.I.AaliyahCiara などのプロデュースし活動をしている!)

 

さて、Bar Kaysの長い沈黙は続いたが、2003年には「The Real Thing 」をリリース!・・・ZappRoger を彷彿させるTalk Boxを披露!

 

2005年にはMercury からベストアルバム「20th Century Masters - The Millennium Collection: The Best of the Bar-Kays 」が発売されています・・・

 

残念ながら僕は行けませんでしたが、2006年には来日し、COTTON CLUBに登場!

 ●来日メンバー: Larry Dodson(vo)、James Alexander(b)、 Darrell Stanley(vo)、 Archie Love(vo)、 Kurt Clayton(Key)、 Ezra Williams(key)、 Michael Anderson(g)、Hubert Crawford(ds)

 

2007年には待望の最新アルバム「 House Party 」がリリースされ健在ぶりを証明!・・・アルバムにはAlexanderの息子Phalon Jazze Pha (ジャジー・フェイ)も参加!

 

2007 House Party

house_party2007.jpg 

 

2008年7月にもCOTTON CLUBに来日した !

●来日メンバー:Larry Dodson(vo)、 James Alexander(b)、 Darrell Stanley(vo)、 Archie Love(vo)、 Kurt Clayton(key)、 Ezra Williams(key)、 Anthony Gentry(g)、 Emanuel Cole(ds)

2012年2月にはBillboard Live Tokyoにも登場し、熱いステージをみせてくれた!

[ Comment <2> ] [ Trackback <0> ] [ top↑ ]

Funk<A-B>B.B.& Q. Band(ビービー・アンド・キュー・バンド)

02/19/2007

turnfunk.jpeg

Brooklyn Bronx & Queens Band 

通称 B.B.& Q. Band (ビービー・アンド・キュー・バンド)」!

1976年UCLAのディスコグループ”のメンバーTimothy ChadsworthとNiles Gilliamはそのバンドを抜け、BertramとHugh Tallinの2名を加えた4人によりB.B.& Q. Bandが誕生した!!
その後Hugh Tallinはグループを去り、新たにHinzo Takanowaを加える・・・

Timothy ChadsworthやNiles Gilliamもメンバーから抜け、ファースト・アルバム1979年「Funky Stuff  We Thought Up」をリリース!
そして、「 On The Beat 」や「Genie」が大ヒットした彼らの全盛期をむかえる!!

そして1981年の「On The Beat」収録のこのアルバムを発表

1981 Brooklyn Bronx & Queens Band  視聴できます!

Capitol Records(New York,NY)

20061213192837.jpg

 このアルバム以降は特別なヒットは無く、1984年リリースの「Disco Kwanzaa」も売上が伸び悩む・・・

そして、1985年、ドラマーのHinzo Takanowaを解雇、復活を図ろうとします・・・

そして1987年「Look Whos Back」を発表、しかしこの時DISCOブームは終わりを迎えてしまっていた・・・・

 

[ Comment <0> ] [ Trackback <0> ] [ top↑ ]

Funk<A-B>Bootsy Collins(ブーツィー・コリンズ)

02/13/2007

turnfunk.jpeg

William Bootsy Collins(ブーツィー・コリンズ)は1951年、FUNKの聖地Ohio州、Cincinnati(シンシナティ)で生まれた Funkベーシストであり、シンガーソングライターでもある!!

Bootsy は、兄 Catfish Collinsと Kash Waddy、 Philippe Wynne、らと1968年「The Pacesetters 」を結成し、James Brownのバックバンドとなると、「The JB's」と知られるようになるが、若かったBootsyはステージで幾度となく麻薬の発作を起こすなどの問題の為、James Brownのバンドから追放されてしまう・・・そして彼はDetroitデトロイトに移りParliament のメンバーである Mallia Franklinと出会うのである!!

1972年、FranklinはCollins兄弟とWaddyをP-Funkの頂点に立つGeorge Clintonに紹介!!  3人はFunkadelicのメンバーとなり、Bootsyは初期のアルバムほとんどでプレイをし、 彼のハードで独自のFUNKベースを披露・・・曲作りでもレコードの売上に貢献していた・・・

1976年トレードマークの” space bass”を使い始めたのがこの次期からで、Bootsyは Catfish, Waddy, Joel Johnson, Gary 'Mudbone' Cooper、Robert Johnson 、 The Horny Horns 達とP-Funkの傘下でありポストParliament 、Funkadelicとなるあの「 Bootsy's Rubber Band 」を結成する!!

Rubber Band のアルバムは 1977 1978 1979 と彼ら独自のファンクスタイルをたて続けに発表している・・・

 

Bootsy's Rubber Band
1977 Ahh...The Name Is Bootsy, Baby! 
Warner Bros.Records(Burbank,CA)

 20070122232528.jpg

 

Bootsy's Rubber Band
1978 Bootsy? Player of the Year
Warner Bros.Records(Burbank,CA)

 20070122232602.jpg


Bootsy's Rubber Band

1979 This Boot Is Made for Fonk-N
Warner Bros.Records(Burbank,CA)

20070122232715.jpg

 

Rubber Band の名は使わずソロアーティスト「William"Bottsy"Collins」 としてのアルバムを発表!!

William"Bottsy"Collins
1982 The One Giveth, The Count Taketh Away
Warner Bros.Records(Burbank,CA)

 20070122232735.jpg

 

1984年に、Bootsyはトーキングヘッズの「Five Minutes」をプロデュースするなどの様ざまなジャンルで幅広く高い才能を発揮した彼の独特な作品は話題になりプロデュース業に追われる”売れっ子時代”である・・・!!


Bootsy Collins
1988 What's Bootsy Doin'? 
CBS Records/Manufactured By Columbia Records

20070122232752.jpg

 

1990年には Deee-Lite の"Groove Is In The Heart" ファンキーベースと独特の歌声で参加・・・そしてBootsy's Rubber Band はワールドツァーにもバックバンドとして参加していたようである・・・特にこの次期には様ざまなアーティストに参加、協力し、才能あふれる作品を残している・・・

そして、Bootsy's Rubber Bandとしては 1990-Jungle Bassを発表している


Bootsy's Rubber Band
1990 Jungle Bass(12inch)
4TH & WAY"An Island Records

20070122232809.jpg
 

最近ではあの星型のベース”space bass”に加えBootsy Collinsモデル"Bootzilla"も販売しているようだ・・・P-Funk好きのベースプレイヤーにはきっとたまらないベースであろう・・・ちなみに僕もかつてバンドでドラムをやっていて、Midnight Ster(ミッドナイト・スター)の使っていたような電子ドラムにあこがれていたから気持ちは良くわかる・・・!!


さて、最近ではOhioのFunkバンド「Freekbass」のプロデュースを手がけている!!・・・このバンドのオリジナルメンバーはリーダーであり、ベーシストのFreekbassを中心に5人の構成・・・そこにBootsyが加わり、兄Catfish Collins、Bootsyの息子がラップで参加したり、Zapp一派のBig Robまでも2001年のアルバム「Body Over Mind」に参加している!!
3枚目のアルバム「The Air Is Fresher Underground」では Bernie Worrellまで参加してるではないか!!
きっと金にはならない仕事であろうが、自分の世界を貫く彼の音楽に対する思いは永遠であって欲しいと願う!!

そして昨年の2006年に(1988年のNorth Sea Jazz Festivalで収録)された「Bootsy Collins and the New Rubber Band's concert」のDVDが発売されたようだ!!

BOOTSY COLLINSオフィシャルサイト www.bootsycollins.com


[ Comment <0> ] [ Trackback <0> ] [ top↑ ]

Funk<A-B>Average White Band(アベレージ・ホワイト・バンド)

02/06/2007

turnfunk.jpeg


Average White Band(アベレージ・ホワイト・バンド)は1971年結成のスコットランド出身のFunk Band(ファンク・バンド)で1974から1980年にSoul,Disco部門でヒット曲を連発してきた・・・彼らが成功したのは1973年MCAレコードでデビューアルバムShow Your Handを出すが、売上は伸びずアメリカのニューヨークへと渡ります!!

そしてAtlantic Records(アトランティック・レコード)と契約し1974年アルバムAWBをリリース!このアルバムがU.S.Hot100のNo1入りし大成功をおさめる!!
しかし、メンバーのマッキントッシュの死によりメンバーをBloodstone(ブラッドストーン)の元メンバーSteve Ferroneと交代・・・ただ一人の黒人メンバーとなる!!

1975年にもこのアルバム”AWB”からシングルとなった”Pick Up The Pieces"がNo1ヒットとなっている!!

泥臭さこそ無いが、白人とは思えぬこの魂の”ファンキー・ミュージック”を聴いてみてください!!
現在でもメンバーの入れ替えはあるが、活動をしているようです・・・

1974 AWB (通称”White Albumと呼ばれてました)
Atlantic Recording(New York,NY)

20061212222649.jpg

 

[ Comment <0> ] [ Trackback <0> ] [ top↑ ]
PROFILE

Thank you for visiting!

After9

After9

ウマソウル管理人 After9(アフター・ナイン) ★1964神奈川県産→18で上京→27で渡米→現在は東京都在 /趣味:飲み食い、音楽鑑賞:Black Music(Soul,R&B,Funk)、ドラム演奏、西洋アンティーク家具&雑貨収集、古いもの好きで愛車2台もクラシックな53歳の英国車と26歳のアメ車・・・

MAIN MENU

 


____________________________

<ブログ内 料理別検索>


 

<ブログ内キーワード検索>

 

LET'S EAT !

<ウマい!お取り寄せ>

北海道

 

紅ズワイガニ


北海道産 塩水ウニ


虎杖浜 たらこ


いくら極薄醤油漬け


宗谷産 ホタテ貝


厚岸 殻かき



____________________

東北

 

大間 本まぐろ


陸奥湾 活ほたて


三陸海宝漬(中村家)


気仙沼 ふかひれ姿煮


厚切り芯たん
(伊達の牛タン本舗)

____________________

北陸

 

永平寺ごま豆腐


とり野菜みそ(まつや)


小鯛のささ漬け

____________________

関東

 

宇都宮餃子会


水戸納豆(天狗納豆)


湘南 釜揚げしらす


佐島 活けタコ


天然三崎のまぐろ
(三崎港シー・ユニオン)


プティ・フール・サレ
(鎌倉レ・ザンジュ)


生しらす

____________________

中部

 

金目鯛味噌漬け


駿河湾 生桜えび


うなぎ蒲焼
(浜名湖 山吹)


ドイツソーセージ(腸詰屋)


ひつまぶし(しら河)


味噌煮込みうどん


元祖手羽先唐揚(風来坊)

____________________

近畿

 

丹波栗


平宗 柿の葉寿司


神戸牛


神戸ワインマスタード

____________________

四国

 

トロ鰹のたたき


手打ち讃岐うどん

____________________

中国

 

生ほたるいか


焼あなご


下関とらふぐ(関とら)


かにトロ丼

____________________

九州

 

水たき(博多華味鳥)


家庭用明太子
(味の明太子ふくや)


極上とうふ 佐嘉おぼろ
(佐嘉平川屋)


とらふぐ生茶漬け(ふく太郎)


長崎カステラ(松翁軒)


馬刺し(若丸)


宮崎 鶏の炭火焼


宮崎 パイン牛 ユッケ


鹿児島 さつま揚げ
(高浜蒲鉾)


紅はるか


沖縄そば
(サン食品)

____________________

 

自家製ユッケジャンスープ
(ソウル市場)


ポッサムキムチ
(コリアタウンキムチ亭)


万能の素
(ハンおばさん手作り)

____________________

 

台湾 小籠包
京鼎樓(ジンディンロウ)


台湾 腸詰

____________________

 

明蝦巻(耀盛號)


横浜中華街(聘珍樓)


焼売(同發)


叉焼

____________________

 

インドカレー(アジャンタ)

____________________

 

活オマールロブスター


カナディアン ローストビーフ

____________________

 

BLUE MOON
(ブルームーン)


Buffalo Wings
(バッファロー・ウィング)


USDA Ribeye Steak
(リブアイステーキ)


Baby Back Ribs
(ベイビーバックリブ)


NewYork cheesecake
(ニューヨーク・チーズケーキ)


NOBLE HANDCRAFTED
ノーブル ハンドクラフテッド

____________________

 

Chorizo(チョリソー)
(EL AMIGO/エル・アミーゴ)


CHOLULA Hot souce
(チョルーラ・ホットース)


プレミアムテキーラ
(クエルボ1800)

____________________

 

オーシャンビーフ


フレンチラムラック

____________________

 

スモークサーモン


マヌカハニー

____________________

 

ロティサリーチキン


アソーテッドペストリー


エスカルゴ ア・ラ・ブルギニヨン
(ブルゴーニュ産)


マグレ・カナール・セッシェ


フォアグラ・ド・オァ

____________________

 

パルミジャーノレッジャーノ
(ザネッティ社)


パルマ産プロシュット


カチャトーレDOP(レボーニ社)


アランチーニ

 

LET'S GROOVE !

 

<アメリカのRADIOを聴こう♪>

 

Los Angeles,CA
Old School Soul,R&B,Rado
102.3 Radio Free KJLH

 

Wilmington,NC
Classic Soul,R&B Radio
Jammin 99.9

 

Old School Soul,Funk Live
Zmix97
_________________________

<Get a Funky Music>

 

SOUL・R&B by Amazon

 

LET'S TAKE A TRIP !

 

トリップアドバイザー


一休.com


Hotels.com


JAL 日本航空
JAL 日本航空

海外WiFiレンタル
GLOBAL WiFi

 

LINK


After9が参加しているサイト↓


にほんブログ村 
ブログランキング・にほんブログ村へ


PINGOO!メモリーボード 
PINGOO!メモリーボードへ


4Travel(フォートラベル)


30min


Tripadviser(トリップアドバイザー)


tabelog(食べログ)


Google+

<ACCESS MAP>
Thank you for your visit!