魂の1曲!Two Occasions(The Deele)

06/06/2018
The Deele (ザ・ディール)はOhio州、Cincinnati(シンシナティ)で1981年に結成!
メンバーは、インディアナ州、Indianapolis 出身で、キーボード・ギター・ボーカルのKenny "Babyface " Edmonds、ドラムのAntonio "L.A." Reid、ボーカルのCarlos "Satin" Greene、ボーカルDarnell "Dee" Bristol、ギター・キーボードStanley "Stick" Burke(ファーストアルバム後にグループを去った)、ベースのKevin "Kayo" Robersonら6人で構成された!

そして、1983年にデビューアルバム「Street Beat 」をSolar Recordsからリリースし、アルバムからはシングルヒット曲の「Body Talk」が生まれ R&Bチャートで3位、Billboard Hot 100で77位をマークする!



メンバーStanley "Stick" Burkeはセカンドアルバムのレコーディングを前にしてグループを去りメンバーは5人となり、彼らは1985年にセカンドアルバム「Material Thangz」をSolar Recordsからリリース!
デビューアルバムのような成功には至らなかった・・・



そして、1987年には彼らにとって最大のヒット作となるサードアルバム「Eyes of a Stranger」をリリース!
アルバムからはR&Bチャート10位の「Shoot 'Em Up Movies」とR&Bチャート4位、Billboard Hot 100で10位をマークした「Two Occasions」のヒット曲が生まれた!



後にシンガー・プロデューサーとしてそれぞれ才能を発揮し大物となった天才集団 The Deeleの魂の1曲は Two Occasions





[ Comment <0> ] [ Trackback <0> ] [ top↑ ]

港区六本木ランチの穴場店!(MAGNET)

06/01/2018
平日に有給で六本木へ!

IMG_7212.jpg 


六本木交差点からほど近い裏路地のビルの2Fが目的地!
ランチで予約していたMAGNET (マグネット)へ!

IMG_7191.jpg 

料理はフレンチとイタリアンをベースだがハンバーガーなどのメニューもありあまり型にハマらないメニュー構成!
階段を上がり2Fへ・・・大きなシャンデリアがあり、バブル時代を彷彿させる店構え!

IMG_7209.jpg 

まだ12時前の金曜日で先客はおらず一番乗り!
窓際の広くゆったりしたブース席に通される・・・
実はここ深夜からはクラブに変貌するという2足のワラジの営業!
このテーブル席からは想像出来ないがダンスホールと化すらしい・・・

IMG_7195.jpg 

さて、お願いしていた料理はコース料理でイタリアン×フレンチのランチコース!
まずは晴天で夏のように暑いので、ハイネケンの生ビールで喉を潤す!

IMG_7196.jpg 

前菜の盛り合わせは4種!

IMG_7197.jpg 

パテ、カプレーゼ、サーモンのカルパッチョ、海老とパプリカのジェノベーゼソース和えなど良いビールのアテになる!

IMG_7198.jpg 

パスタはツナとキャベツのクリームソーススパゲッティー

IMG_7199.jpg 

濃厚なホワイトソースに良く絡む細めのパスタ、そしてサッパリとしたキャベツとツナの組み合わせがGOOD!

IMG_7202.jpg 

パスタと一緒にサーブされるミニサラダは特記するほどではないが、素材の鮮度などの選出にこだわりが感じられる!

IMG_7200.jpg 

パンはバゲットでオリーブオイルと共にサーブ!

IMG_7201.jpg 

メインの牛バラ肉のビーフシチュー!

IMG_7203.jpg 

フォークが必要ないほど柔らかく仕上がり酸味がある赤ワインベースのソースが牛バラ肉の味に奥行を与えてくれる!

IMG_7204.jpg 

甘いものは好んで食べないけどコースなのでドルチェ付き・・・

IMG_7207.jpg 

食後は香り高いホットコーヒーでホッと一息・・・

IMG_7205.jpg 

六本木という立地でラグジュアリー空間で席はゆったりしていてランチは穴場!
次回は機会あったらカジュアルにハンバーガーも頂いてみよう!!

IMG_7192.jpg 


MAGNET (マグネット)
●東京都港区六本木3-13-12 エルサビル 2F
●03-6434-7729
レストラン
11:30~ (L.O.15:00)
18:00~ (L.O.22:00)
バーラウンジ
23:00~(L O 28:00)
●定休:日曜日
HP http://magnetjp.tokyo/restrant/

[ Comment <0> ] [ Trackback <0> ] [ top↑ ]

魂の1曲!Let It Whip(Dazz Band)

05/27/2018
Dazz Bandダズバンドは OHIO州、Cleveland(クリーブランド)で活動を始め、1980年代前半に注目されたFUNKバンド(*バンド名の由来は”Danceable Jazz”の省略)!

まず、バンドのルーツははTelefunk(テレファンク)というグループで、メンバーは、Bobby Harris(ボビーハリス)、Isaac(アイザック)、Ike Wiley Jr(アイク・ワイリー・ジュニア)とその兄弟Michael Wiley(マイケル・ワイリー)、Michael Calhoun(マイケル・カルフーン)、Kenny Pettus(ケニー・ペタス)の6人で構成されていた!
その後、バンド名をHarrisが生まれ育ったClevelandのストリートの名前を付け、「Kinsman Dazz」と改名・・・
そして、Kinsman Dazz「キンズメン・ダズ」は「20th Century Records 」と契約!

そし彼らはMarvin Gaye(マービン・ゲイ)によるプロデュースのレコーディングの為にLos Angelesに渡るが、マービンは病の為、急遽Earth Wind & Fireのボーカリスト、Philip Bailey(フィリップ・ベイリー)のプロデュースとなり、ファーストアルバム”KINSMAN DAZZ - DAZZ”を発表する!



セカンドアルバムもPhilip Baileyとの共同制作となった作品で、これが彼らの音楽の基盤になった事を考えると、「マービンによるプロデュースだったらどんなバンドになったのか?」と考えてしまう・・・

1980年にはバンド名は”DAZZ BAND”と改名しMotownとの契約を果たす!
その時、元のグループからメンバーを拡大・・・ オリジナルメンバーHarris、 Pettus、とWiley兄弟の4人に、新しいメンバーの Kevin Frederick(ケヴィン・フレデリック)、Steve Cox(スティーブ・コックス)、Eric Fearman(エリック・フィアマン)、Pierre DeMudd(ピエール・デマッド)、Sennie "Skip" Martin(セニー”スキップ”マーティン)の5名を加えた新構成のバンド「DAZZ BAND」が誕生した!!・・・
そしてその新しいメンバーの"Skip" Martinは、DAZZ BandのほとんどのHIT曲のヴォーカリストとして重要な存在となる!!

Motownでのファーストアルバム1980「Invitation to Love」は自己製作ながら、シングル「Shake It Up」がR&Bチャート65位、タイトルトラック「Invitation to Love」はHot100で惜しくも109位、R&Bチャートでは51位をマーク!
続いて1981年のセカンドアルバム「Let The Music Play」はPopチャート154位、R&Bチャート36位をマーク・・・シングル「Knock! Knock!」はR&Bチャート44位のマイナーヒットとなった!



そして、グループの進展はKeep It Live(1982年)と共にやって来る・・・
アルバムに含まれるシングル「Let It Whip」はHot100で堂々のチャート5位!、R&Bチャート1位に君臨!



Dazz Bandの名を世に知らしめたヒット曲は彼らの成功の原点とも言えよう・・・魂の1曲1982年のLet It Whip

[ Comment <0> ] [ Trackback <0> ] [ top↑ ]

魂の1曲!Exclusivity(Damian Dame)

05/24/2018
Damian Dame (ダミアン・デイム)は Deah Dame (本名:Debra Jean Hurd) とDamian (本名:Bruce Edward Broadus)のデュオ!


Deah Dame (Debra Jean Hurd/デボラ・ハード)
1958年Texas州、Houston生まれるが、カルフォルア州、San Joseで育った・・・
彼女は、姉とクワイアで歌い、そして、18才で彼女は姉と義理の兄でバンドを組み音楽活動をはじめる・・・
Chaka KhanDeniece WilliamsTeena Marie らの影響を受けた彼女は、 1983年の25歳で本名のセルフタイトルアルバム「Deborah Hurd」でGeffen Recordsからソロデビューし、シングルHug Me, Squeeze MeがTop10ヒット!
そして、The DeeleBabyface のシングルFaithfullを始め、Karyn WhiteShalamar らのなどのアルバムにも参加する・・・

Damian (Bruce Edward Broadus)
1966年にMichigan州、Marshallで生まれ、Battle Creekで育つ・・・
9歳でピアノを覚え、ギターやドラムなどをの楽器も学び、16歳でクラブで演奏し才能を発揮・・・
プロデューサーとしてマイナーアーティストのアルバムも手がけた・・・

Damianが彼女の歌声を気に入り、彼女にアプローチをかけ2人は出会う・・・
そしして1年後にThe Deele のメンバーとして活躍したAntonio "L.A." Reid と Kenneth "Babyface" Edmondsの2人が1989年に共同で設立したLaFace Recordsと契約!・・・ LaFaceのレーベルにとっては彼らが初のアーティスト契約となった!

1991年、Los Angeles からレーベルの所在地のAtlantaに移り、グループ名をDamian Dameとして、Deah Dameは作詞、Damianは作曲家として曲を作り、La & Babyfaceがプロデュースしたセルフタイトルアルバム「Damian Dame 」をリリース!



当時は革新的なR&BとRapを融合した新しいスタイルで、アルバムはGroove からDeborah Hurd の甘い歌声のスロージャムまで曲作りに魂が注ぎ込められた作品に仕上がり、シングル「Exclusivity」がNo1ヒットとなり、「Right Down To It」などのヒットを生んだ!

1992年のEddie Murphy主演映画「Boomerang 」のサウンドトラックがLaFace Recordsからリリースされ、Damian Dameもトラック「Reversal Of A Dog」で同レーベルのTLC (メンバーのRozonda "Chilli" Thomasは元Damian Dameのバックダンサー)、Toni Braxton らと共演した!
Damian Dameのセカンドアルバムが予定される中、Deborahは1994年6月にGeorgiaで暴風雨の中、高速道路での交通事故により35歳の若さでこの世を去った・・・
Deborahの他界から2年・・・1996年に Damianはバラードで綴られたソロアルバム「199Sex 」をリリース!・・・
しかし、わずかアルバムのリリースから11日後にDamianは大腸がんのため他界・・・偶然にもDeborahの命日、6月27日だった・・・
若くしてこの世を去った才能あふれる彼らの魂の1曲で最大のヒット曲  Exclusivity


[ Comment <0> ] [ Trackback <0> ] [ top↑ ]

新宿区究極の焼鳥劇場!(焼鳥はちまん)

05/19/2018
「ウマい焼鳥が食いたい!」と思えば真っ先に浮かぶのが早稲田の焼鳥の名店 焼鳥はちまん
平7年にオープンした焼鳥はちまんはビル地下、実家はそのビルの老舗寿司屋の「八幡鮨」!

IMG_7148.jpg 

はちまんの屋号のルーツは、近くにある穴八幡神社の前に明治元年に開業したた団子屋だったという!
時を経て現在の場所にビルを建て、すし屋はお兄さんがが継ぎ、弟さんが叶えた夢がこの地下にある焼鳥屋!
ウマくて特別な焼鳥食べるなら「焼鳥はちまん」しかないと我が家もここに通って10数年になる・・・

IMG_7149.jpg 

私事ですが、この店に辿り着くまでの道のりのスタート地点がロサンゼルスの焼鳥屋からはじまった・・・
そのLAにある焼鳥屋はその日にしめた鳥をまるごと一羽楽しめるコースが人気の「こけこっこ」という焼鳥の名店!
そこの「こけこっこ」ご主人は新橋の焼鳥の名店「鶏繁」で修業を経てロサンゼルスで独立し日本人はもちろん様々な人種の人々に感動を与えアメリカンドリームを勝ち取った!

我が家族も日本の戻ってからは「こけこっこ」のクオリティーを求めていろいろな焼鳥屋を巡ったがその道は険しかった・・・
ならばと「こけこっこ」のルーツである「鶏繁」にも通い、「鶏繁」のそのまたルーツと思える京橋の「伊勢寛」にも行ったが高級寿司屋にも匹敵する価格で気軽にその味わいを楽しめる店ではなかった・・・
伊帰国後もLAにいく度に楽しみにしていた「こけこっこ」もご主人が高齢の為に多店を閉めてしまった・・・
そしてようやく巡り合ったのがここ早稲田の「焼鳥はちまん」!

マニアックな話ですが、店のユニフォームのTシャツは80年代のヒップホップアーティストパブリックエネミーのロゴをアレンジしたもの・・・

IMG_7151.jpg 

鳥の部位の1匹を楽しめるコースのメニュー構成、つなぎを一切使わず「つくね」と呼ばずに「だんご」と呼ぶ絶品!
そしてコースしめの手羽先に辛いタレで焼く「辛焼き」が選べる点、〆のご飯のそぼろ丼ととりスープ・・・やはりこちらのご主人の焼鳥のルーツが「鶏繁」ではないか!と確信していたが、店主が取材を受けたウェブの記事を見て思わず「やっぱり!」と大きくうなづく!!

IMG_7153.jpg 

さて、前置きが長くなりましたが家族3人で極上の焼鳥を2年ぶりに味わう!
予約なしではまず入店できないので前日に予約・・・それでも満席で、19時までならと予約前の1時間半の時間限定!
娘は少し遅れて来るがとりあえず生ビールで乾杯!

IMG_7154.jpg 

お通しは「えんがわのトマト煮」!
鶏のえんがわ(横隔膜)は希少な部位でぷりっとした食感と優しいトマトが絶妙でスパニッシュのような一皿!

IMG_7155.jpg 

日本酒の品ぞろえが多く、娘も合流し店のおすすめの日本酒を投入・・・

IMG_7161.jpg 

僕は日本酒苦手なのでシャルドネをハーフボトルで!

IMG_7165.jpg 

鳥刺し5種盛り
ささみ・だきみ・もも・赤レバー&白レバー・軍鶏の昆布〆
山葵の乗った軍鶏の昆布〆はそのまま頂きその他は醤油ダレで頂く!
以前は醤油ダレにウズラの黄身を入れて提供されていたけどスタイルを少し変更したのか?

IMG_7160.jpg 

いよいよ極上で究極の「焼鳥劇場」の開幕!
「アスパラ巻」は肉の脂の肉汁でアスパラがホクホクに仕上がった技ありの絶品!
「しそ巻」写真撮り忘れてしまったが、ジューシーな肉汁としその香りの2重奏を楽しむ!

IMG_7157.jpg 

「やさい焼」は椎茸としし唐

IMG_7163.jpg 

「ささみ」は表面を軽くあぶり中はレアで山葵アクセント!

IMG_7164.jpg 

うずらはタレに通したものとそうでない紅白を2種楽しめる!

IMG_7166.jpg 

そして一番好きな「だんご」はつなぎを使わず、荒びきの鶏肉のウマ味が凝縮!
鶏の歯ごたえと肉汁がたまらない究極の絶品!

IMG_7167.jpg 

「白レバー」はレア焼で臭みがなく、ふんわりな舌触りでレバーの甘みが感じられる!

IMG_7168.jpg 

「ねぎま」の鶏のジューシーさと葱の一体感は焼き手の技量が左右する!

IMG_7169.jpg 

「手羽先」をプラス料金で辛焼きという辛いタレにも変更できるのは「鶏繁」と同じスタイル!
僕は塩で頂く!

IMG_7172.jpg 

そぼろごはんは(鶏がらスープ付)!

IMG_7170.jpg 

つなぎを使わず荒びきの鶏肉の旨味を凝縮!
だんごに使う粗びきの挽き肉をタレでじっくり炒めたそぼろの中央にはうずらが配置!

IMG_7171.jpg 

よくかき混ぜてそのまま頂くには普通だが、僕は半分食べたら鶏がらスープで茶漬けにする戦法で頂く!
新橋の鶏繁の流れを汲むロサンゼルスダウンタウンの焼鳥の名店「こけこっこ」で教えてもらった食べ方で!

IMG_7174.jpg 

ハイレベルな焼鳥がここまでリーズナブルな価格で味わえる名店!
クオリティーとコストパフォーマンスのトータルで考えてこれ以上の焼鳥屋を僕は知らない・・・

IMG_7150.jpg 


焼鳥はちまん
●東京都新宿区西早稲田3-1-1 地下1階
●03-3203-2880
【平日】17:30~24:00(L.O.23:00)
【土曜】17:30~23:30(L.O.22:30)
【祝日】17:30~23:00(L.O.22:00)
定休日:日曜日、月曜の祝日
HP http://www.yakitori-hachiman.com/








[ Comment <0> ] [ Trackback <0> ] [ top↑ ]
PROFILE

Thank you for visiting!

After9

After9

ウマソウル管理人 After9(アフター・ナイン) ★1964神奈川県産→18で上京→27で渡米→現在は東京都在 /趣味:飲み食い、音楽鑑賞:Black Music(Soul,R&B,Funk)、ドラム演奏、西洋アンティーク家具&雑貨収集、古いもの好きで愛車2台もクラシックな53歳の英国車と26歳のアメ車・・・

MAIN MENU

 


____________________________

<ブログ内 料理別検索>


 

<ブログ内キーワード検索>

 

LET'S EAT !

<ウマい!お取り寄せ>

北海道

 

エゾバフンウニ


噴火湾産 特選たらこ


いくら醤油漬け


活ホタテ貝


厚岸 カキえもん



____________________

東北

 

大間のまぐろ


三陸海宝漬(中村家)


厚切り芯たん
(伊達の牛タン本舗)

____________________

北陸

 

永平寺ごま豆腐


小鯛のささ漬け

____________________

関東

 

宇都宮餃子会


水戸納豆(天狗納豆)


湘南 釜揚げしらす


天然三崎のまぐろ
(三崎港シー・ユニオン)


プティ・フール・サレ
(鎌倉レ・ザンジュ)


生しらす

____________________

中部

 

金目鯛味噌漬け


駿河湾 生桜えび


うなぎ蒲焼
(浜名湖 山吹)


味噌煮込みうどん


元祖手羽先唐揚(風来坊)

____________________

近畿

 

平宗 柿の葉寿司


神戸牛


神戸ワインマスタード

____________________

四国

 

トロ鰹のたたき

____________________

中国

 

天然焼あなご(志ほや)


下関とらふぐ(関とら)

____________________

九州

 

水たき(博多華味鳥)


元祖!辛子明太子
(味の明太子ふくや)


とらふぐ生茶漬け(ふく太郎)


馬刺し(菅乃屋)


宮崎 パイン牛 ユッケ


鹿児島 さつま揚げ
(高浜蒲鉾)


沖縄そば
(サン食品)

____________________

 

自家製ユッケジャン


ポッサムキムチ

____________________

 

台湾 小籠包
京鼎樓(ジンディンロウ)


台湾 腸詰

____________________

 

明蝦巻(耀盛號)


焼売(同發)

____________________

 

インドカレー(アジャンタ)

____________________

 

活オマールロブスター


熟成牛プレミアムローストビーフ

____________________

 

USDA Ribeye Steak
(リブアイステーキ)


Baby Back Ribs
(ベイビーバックリブ)


NewYork cheesecake
(ニューヨーク・チーズケーキ)


NOBLE HANDCRAFTED
ノーブル ハンドクラフテッド

____________________

 

Chorizo(チョリソー)
(EL AMIGO/エル・アミーゴ)

____________________

 

オーシャンビーフ


フレンチラムラック

____________________

 

スモークサーモン


マヌカハニー

____________________

 

エスカルゴ ア・ラ・ブルギニヨン
(ブルゴーニュ産)


マグレ・カナール・セッシェ


フォアグラ・ド・オァ

____________________

 

パルミジャーノレッジャーノ
(ザネッティ社)


パルマ産プロシュット


カチャトーレDOP(レボーニ社)

 

LET'S GROOVE !

 

<アメリカのRADIOを聴こう♪>

 

Los Angeles,CA
Old School Soul,R&B,Rado
102.3 Radio Free KJLH

 

Old School Soul,Funk Live
Zmix97
_________________________

<Get a Funky Music>

 

SOUL・R&B by Amazon

 

LINK


After9が参加しているサイト↓


にほんブログ村 
ブログランキング・にほんブログ村へ


PINGOO!メモリーボード 
PINGOO!メモリーボードへ


4Travel(フォートラベル)


30min


Tripadviser(トリップアドバイザー)


tabelog(食べログ)


Google+

<ACCESS MAP>
Thank you for your visit!